連載
» 2017年05月24日 05時00分 公開

山市良のうぃんどうず日記(95:特別編):ランサムウェア「WannaCry」対策で安心してはいけない――いま一度、見直すべきWindowsの脆弱性対策 (2/2)

[山市良,テクニカルライター]
前のページへ 1|2       

あらためてチェックしよう! SMBのセキュリティ対策

 今回のランサムウェアが利用するMS17-010の脆弱性は、Windows標準のファイル共有プロトコルである「SMB(Server Message Block)」の、古いバージョン「SMB v1」(SMB 1.0/CIFSとも呼ばれます)に存在していた脆弱性でした。

 SMB v1のセキュリティ問題に関しては、古くから言われてきたことで、特に2017年に入ってからはゼロデイ攻撃のリスクが高まっていました。以下の記事でも、MS17-010の情報公開前に、SMBのセキュリティ対策について説明しました。

 SMBのバージョンの違いや仕組みについては、以下の記事で詳しく説明しました。今回の騒動を受け、Microsoft-DSの445/TCPポートをルーターやPCのファイアウォールでブロックして安心している人がいるかもしれませんが、SMBはアプリケーション層のプロトコルであり、トランスポート層非依存の仕様です。SMB v1はトランスポート層として445/TCPだけでなく、NetBIOS over TCP(NBT)の139/TCPも使用することにご注意ください。

騒動になったのは目立つのが目的のマルウェアだから

 今回、大きな騒動になった要因の1つは、ファイルを暗号化して金銭などの支払いを要求する「ランサムウェア」というタイプであったということがあると思います。「スケアウェア」というタイプ(暗号化や感染は行わず、脅して何かを買わせようとするタイプ)もそうですが、目立つことがこれらのマルウェアの特徴です。

 マルウェアの中には、ユーザーには気付かれずに情報を抜き取ったり、別の攻撃への踏み台にしたり、ビットコインのマイニング(採掘)ツールを実行するためにコンピューティングリソースを盗んだりといったものもあります。マイニングツールの中には、CPU使用率の上昇でユーザーに気付かれることがないように、GPU(グラフィックスプロセッシングユニット)を利用するものも存在すると聞いたことがあります。

 未公表の脆弱性を突いたゼロデイ攻撃を防ぐには、まず、セキュリティ対策の基本(OSやアプリケーションのセキュリティパッチの適用、マルウェア対策と定義ファイルの更新、ファイアウォールの有効化など)を怠らないことが重要です。

 今回は数カ月間の猶予があったわけで、ゼロデイ攻撃ではなかったのにもかかわらず、世界中で大きな被害が出ました。その理由は、セキュリティ対策の基本の1つである“セキュリティパッチの適用”ができていなかったからでしょう。一方で、Windows Updateのトラブルで更新に失敗していたユーザーも少なからずいると思います。Windows Updateの品質改善は、マイクロソフトに強く求めたいところです。

 今回はサポートが終了したWindowsに対しても特例措置がとられたわけですが、サポートが終了したWindowsには他にも既知の、あるいは未知の脆弱性が多数存在することは間違いありません。そして、脆弱性が存在するとしても、公表されることはありません。「マイクロソフトセキュリティ情報MS17-010」を確認してみてください。「影響を受けるソフトウェアと脅威の深刻度」のリストに、Windows XP以前、Windows Server 2003 R2以前、Windows 8は掲載されていません。今回、これらのOSに特例措置でMS17-010のセキュリティパッチが提供されましたが、修正されたのはMS17-010の脆弱性だけです。

 本連載では、特定バージョンのWindowsのサポートが終了するたびに、その危険性を指摘してきました。「これらのWindowsを使うな」とは言いません。しかし、もし使い続けるのなら、多くの脆弱性が存在することを前提にして、ネットワークから完全に切り離された隔離環境で実行するなどしてください。少なくとも感染を広げるような、第三者の迷惑になることだけは避けてほしいものです。

最新情報(2017年6月14日追記)

 サポートが終了したWindows向けに、2017年6月に新たに多数のセキュリティ更新プログラムが提供されています。Windows Updateで自動配布されることはなく、1つずつ手動でダウンロードして、インストールする必要があります。


筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。近著は『Windows Server 2016テクノロジ入門−完全版』(日経BP社)。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。