連載
» 2017年06月06日 05時00分 公開

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(84):Office 2016の新機能が見当たらない? ライセンスと更新チャネルの話 (2/3)

[山市良,テクニカルライター]

「詳細情報(More information)」のドキュメントをよく読むと……

 Office 2016に追加された新機能は、「Office 365クライアント更新プログラムのチャネルリリース」のページにある「アプリ名:機能の更新(Feature updates)」でその機能の概要を、「詳細情報(More information)」のリンク先で詳細を確認できます。「アイコンの挿入」機能の詳細情報には、次のような説明があります。

これらの機能が見つからない場合
これらの機能は、Office 365 サブスクリプションまたは最新の Windows 版 Office 2016 をお持ちの方のみ使用できます。最新の Office の優れた機能を常に利用したい場合は、Office 365 サブスクリプションにサインアップしてください。

 実は、この日本語の表現には少し問題があります(“または”の部分)。英語のページには次のように説明されています。

Don't see these features?
These features are only available to Office 365 subscribers on the latest version of Office 2016 for Windows. If you want to make sure you always have the latest and greatest features in Office, sign up for an Office 365 subscription.

 つまり、「アイコンの挿入」機能は、「Office 365サブスクリプション製品のWindows版Office 2016」であり、かつ「最新バージョン」(この機能が追加されたバージョン以降)に更新されていなければ、利用できないということを説明しています。

 永続ライセンスであるパッケージ製品の「Office Professional 2016」「Office Home & Business 2016」「Office Personal 2016」や、「Office Professional Plus 2016」のようなボリュームライセンス製品は、MSDN版と同じように新機能が利用できないと思います。

 筆者は、Office 365 ProPlusとMSDN版のOffice Professional Plus 2016以外の、パッケージ製品やボリュームライセンス製品を利用したことがないので、本当にそうであるかどうかを確認したわけではありません。

 「アイコンの挿入」機能が追加されたのと同じバージョンでは、「SVG画像」という新機能も追加されています(画面4)。この機能は、オープン標準であるスケーラブルベクターグラフィックス(SVG)形式の画像の挿入と編集をサポートするものです。この機能を説明するドキュメントにも、「メモ」としてOffice 365サブスクリプションでのみ利用できる機能であることが明記されています。なお、先ほどの「アイコンの挿入」のページのタイトルは「SVG画像の挿入」となっていますが、英語のタイトルは「Insert SVG Icons」であり、こちらの新機能とは別のものです。

注:この機能は、Office 365 サブスクリプションを購入しているユーザーのみが使用できます。Office 365 のサブスクリプションを使用している場合は、最新バージョンの Office をインストールしているかどうかを確認してください。

画面4 画面4 「アイコンの挿入」機能と同時に、Office 365サブスクリプションのOffice 2016のCurrent Channelでは、「SVG画像」のサポートも追加された。永続ライセンス製品やMSDN版では利用できない

 Current Channel向けに追加提供された新機能は、Deferred Channelには遅れて提供されます。

 例えば、2016年2月のバージョン1601、ビルド6568.2025でCurrent Channel向けに新機能としてテーマ「黒」が提供されました。この機能は、Deferred Channelでは2016年6月のバージョン1602、ビルド6741.2048で追加されました(画面5)。テーマ「黒」もまた、Office 365サブスクリプションのOffice 2016のみで利用可能な機能であり、永続ライセンス製品では最新バージョンであっても利用できません(画面6)。

テーマ「黒」
注記:これはまず Office Insider の参加ユーザーに展開され、その後、一般ユーザーや商用版 Office 365 のサブスクライバーに展開されます。この機能は、Office 365 サブスクリプションを購入しているユーザーのみが使用できます。Office 365 のサブスクリプションを使用している場合は、最新バージョンの Office をインストールしているかどうかを確認してください。

画面5 画面5 Current Channelで2016年2月に追加された新機能テーマ「黒」は、2016年6月に、Deferred Channelに対してバージョン1602(ビルド6741.2048)以降で追加された
画面6 画面6 Office 365サブスクリプションのライセンスでない場合、Current Branch(最新機能提供チャネル)を実行していても、新機能であるテーマ「黒」は利用できない

Current Channelの4カ月遅れがDeferred Channelは間違い

 テーマ「黒」の例を見ると、Current Channelに新機能が追加されて4カ月後に、Deferred Channelに同じ機能が追加されるように見えるでしょう。しかし、それは正確ではありません。

 Deferred Channelは、Current Channelの4カ月遅れのバージョンではないのです。Current Channelは通常、毎月、新しいバージョンがリリースされます(新機能を含まないこともあります)。

 一方、Deferred Channelは、4カ月ごとに新しいバージョンがリリースされます(後で説明しますが、今後、半年ごとになります)。First Release for Deferred Channelは、Deferred Channelの次のバージョンの候補であり、First Release for Deferred Channelのバージョンに実装された機能が、4カ月後に安定版としてDeferred Channelに提供されるのです。

 ちなみに、この記事を執筆している2017年5月末の時点では、First Release for Deferred Channelのバージョンは2017年2月にリリースされたバージョン1701です。6月にはこのバージョンの安定版がDeferred Channelに提供される予定です。

 確認する限り、バージョン1701には、「アイコンの挿入」と「SVG画像」の機能は含まれません。Deferred Channelで「アイコンの挿入」と「SVG画像」の新機能が利用可能になるのは、もう少し先になるかもしれませんし、これらの機能自体が提供されないかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。