連載
» 2017年07月12日 05時00分 公開

Excel VBAプログラマーのためのGoogle Apps Script入門(8):GASで棒、円、折れ線など各種グラフを作成、変更、削除するための基本 (2/2)

[薬師寺国安,PROJECT KySS]
前のページへ 1|2       

グラフの削除

 図3の円グラフを削除してみよう。removeChartメソッドを使用する。

 ツールメニューから「スクリプトエディタ」を起動する。開いたエディタ画面から「グラフの削除」というファイルを作成する。「グラフの削除.gs」内に、リスト3のコードを記述する。

function myremoveChartFunction() {
  var sheet=SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var chart=sheet.getCharts()[0];
  sheet.removeChart(chart);
}
リスト3 既存のグラフを削除するコード

 getCharts()[0]で既存の円グラフを取得して、変数chartに格納しておく(3行目)。removeChartメソッドでシート上の「円グラフ」を削除する(4行目)。

 実行すると図4のように円グラフが削除されている。

図4 円グラフが削除された

GASで作れるグラフの種類一覧

 最後に表1で示したグラフの種類ごとに、どんな表示になるか、図を一覧しておこう。

 setChartTypeにAREA(面グラフ)を指定すると、図5のように表示される。

図5 面グラフ

 setChartTypeにCOLUMN(カラムチャート)を指定すると、図6のように表示される。

図6 カラムチャート

 setChartTypeにLINE(折れ線グラフ)を指定すると、図7のように表示される。

図7 折れ線グラフ

 setChartTypeにSCATTER(散布図)を指定すると、図8のように表示される。

図8 散布図

 setChartTypeにTABLE(表チャート)を指定すると、図9のように表示される。

図9 表チャート

 これらを適宜使い分けてほしい。

次回は、作成したスクリプトを図形やメニューにひも付ける

 今回は以上で終わりだ。コードは、ほとんど定型化されているので、これをそのまま記憶しておくと、他にもいろいろ応用がきいて便利だと思う。

 もちろんExcel VBAでもグラフの実装は可能だ。Excel VBAでのグラフの作成方法は、下記のURLを参照してほしい。

 次回は、今回作成したスクリプトを、スプレッドシート上に配置した図形を押したら実行できるようにしたり、スプレッドシートの上部にある「メニュー」にひも付けたりする方法について解説する。

参考文献

著者プロフィール

PROJECT KySS 薬師寺 国安(やくしじ くにやす)

1950年生まれ。フリーVBプログラマー。高級婦人服メーカーの事務職に在職中、趣味でVBやActiveXに取り組み、記事を執筆。2003年よりフリー。.NETやRIAに関する執筆多数。Windowsストアアプリも多数公開中(約270本)。

 

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。

Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。

Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。

PROJECT KySSは、1997年に薬師寺聖と結成したコラボレーション・ユニット


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。