連載
» 2017年07月20日 05時00分 公開

夏休みの自由研究はこれだ!:子ども向け電子工作&プログラミング用マイコンボード「chibi:bit」の基本的な使い方 (2/3)

[薬師寺国安,PROJECT KySS]

「Hello!」という文字を表示させるプログラムを作る

 では、左端に表示されているchibi:bitのエミュレーターに、「Aボタンを押す」と、「Hello!」と表示させ続けるようにしてみよう。

 図7のスクリプトエリアには、2つのブロックが既に配置されているが、これは不要なので、ドラッグ&ドロップでカテゴリー欄内に持っていくと、「ゴミ箱」のアイコンが一瞬表示されて削除できる(図11)。

図11 「ゴミ箱」が一瞬表示されて削除できる

 左に表示されている命令のカテゴリーから、「入力」を選択する、すると図12のような命令ブロックが表示される。

図12 「入力」カテゴリーの中の各種命令が表示された

 この中から、「ボタンA▼が押されたとき」という命令をクリックすると、スクリプトエリアにこの命令が表示される(図13)。図13の命令の「A」の横にある「▼」をクリックすると「B」「A+B」ボタンに変更することも可能だ。

図13 図12の赤い四角形で囲んだ命令をクリックして、中央のスクリプトエリアに表示させた

 次に、ずっと表示させ続ける命令ブロックを持ってくる。「ずっと」だから、カテゴリーを見ると「ループ」というのがあるので、この中から「もし真▼なら繰り返し〜do」という命令を選択して、中央に配置した「ボタン」の命令の中に合体させる(図14)。

図14 ボタンとループの命令が合体した

 次に、「基本」カテゴリーにある「文字列を表示“Hello”」という命令を、図14の「繰り返し」の中に合体させる(図15)。「Hello」と書いてある箇所は、他の文字でも構わない。今回は「Hello!」としているが、何でもOKだ。ただし、日本語には対応していない。

図15 「繰り返し」と「文字列を表示」を合体させた

 これで、完成だ。実機で確認する前に、画面の左に表示されているエミュレーターで確認してみよう。エミュレーターの「A」ボタンをクリックすると、図16のように、電光掲示板のように「Hello!」という文字が流れていく。

図16 「Hello!」の文字が流れていく

chibi:bitの実機でプログラムを動かす

 実機と接続して動作を確認してみよう。

 PCとchibi:bitのmicro USBをUSBケーブルで接続すると、図17のように実機に赤い光が点き、PC側では図18のように「CHIBIBIT」ストレージとして認識される。

図17 PCとchibi:bitのmicro USBをUSBケーブルで接続すると赤い光が点く
図18 PC側ではCHIBIBITストレージとして認識される

 次に、図7の左隅下の「ダウンロード」アイコンをクリックすると、図19のように「Download Completed 〜」と表示されるので、「完了!」をクリックする。なお、クリックしなくても、そのままにしておけば、この画面は自然に消える。

図19 「完了!」をクリック

 「完了!」をクリックすると、下に「chibibit-Hello.hexを開くか、保存するか」を聞いてくるので、図9で保存したフォルダに上書き保存しておく。

 この場合は、「chibibit-Hello.hex」ファイルを、図18の「CHIBIBIT」ストレージの上にドラッグ&ドロップする(図20)。

図20 保存したchibibit-Hello.hexファイルをCHIBIBITストレージ上にドラッグ&ドロップする

 すると、chibi:bitに書き込みが始まる(図21)。

図21 chibi:bitに書き込みが始まった

 書き込みが完了したら、図1のリセットボタンをクリックしてから、実機の「Aボタン」を押してみよう。動画1のように「Hello!」という文字が流れるはずだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。