連載
» 2017年08月15日 05時00分 公開

認識系API活用入門(6):人工知能会話アプリが作りやすくなる文章解析サービス「LUIS」を学習させるには (2/3)

[岩本禎史,株式会社クロスキャット]

LUISにアプリケーションを登録する

 まずは、下記URLにあるLUISの専用サイトにアクセスします。

 画面右上の「Sign in」からLUISのサイトにサインインします。サインイン時のマイクロソフトアカウントはAzureのアカウントと同一でOKです。

LUISの専用サイト

 初回サインイン時は「Starting up your account」というページになり、LUISが使えるようになるまで数分間かかります。それが終わると、「Welcome to language understanding!」というページが表示され、簡単なプロファイルを入力して準備完了です。

アカウント登録中の画面

プロファイル入力画面

 まずはアプリケーションの登録です。「New App」をクリックします。

登録完了直後の画面

 ダイアログが表示されるので、必要事項を入力していきます。必須入力はNameとCultureです。今回は天気予報を返すbotアプリケーションを想定しているので、Nameに「WeatherBotApp」、Cultureは「Japanese」にして、「Create」をクリックします。

アプリケーションの登録

 作成が終わると、WeatherBotAppのダッシュボードが表示されます。

アプリケーションのダッシュボード画面

LUISに学習させるには

Intent(文章の意図)の作成

 まずは、画面左側の「Intents」をクリックします。

 Intentは、簡単に言うと「文章の意図」ということになります。複雑な会話をして文章の意図がさまざまなバリエーションになるアプリケーションの場合は、ここで複数のIntentを作成していくことになります。今回は簡単な天気予報のチャットbotなので、作成するIntentは1つだけです。

Intentの画面

 「Add Intent」をクリックすると、ダイアログが表示されます。

Intentの追加

 Intent nameに「Weatherforecast」と入力し、「Save」をクリックします。

Intentの追加完了後の画面

Entity(文章から抜き出してほしいワード)の作成

 続いて、画面左側のEntitiesをクリックします。

 Entityは、文章から抜き出してほしいワードと考えればいいと思います。今回の天気予報botでは、日付と都道府県が欲しいので、2つのEntityを作成します。Add custom entityをクリックします。

Entityの画面

 まず日付のEntityを作成します。Entity nameに「date」、Entity typeに「Simple」を選択して「Save」をクリックします。

日付のEntityの追加

 続けて都道府県のEntityを作成します。「Add Entity」をクリックします。Entity nameに「prefecture」、Entity typeに「Simple」を選択して「Save」をクリックします。

都道府県のEntityの追加

 Dateとprefectureという2つのEntityが作成されました。

EntityとIntentを結び付ける

 続いてこの2つのEntityと、先ほど作成したIntentを結び付ける作業を行います。画面左側の「Intent」をクリックします。

作成したEntity

 先ほど作成した「Weatherforecast」をクリックします。

Intentの画面

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。