特集
» 2017年09月15日 05時00分 公開

特集:Visual Studio Codeを使いこなせ:Visual Studio Codeの設定「虎の巻」:配色編 (2/4)

[かわさきしんじ,Insider.NET編集部]

ベースカラー

 ベースカラーはVS Codeの配色の基本となる要素であり、以下の設定項目がある。ただし、これらは基本的には他の設定項目で上書きされていない場合に使われる色となる。

項目 説明
focusBorder 現在フォーカスを持っている要素の境界線の色
foreground 文字色
widget.shadow 検索ボックスや通知ダイアログなど、エディタに表示されるウィジェットの影の色
selection.background 選択範囲の背景色
errorForeground エラーメッセージ全般の文字色
ベースカラーの設定項目

 例えば、settings.jsonファイルでこれらの配色を以下のように設定したとしよう。

{
  …… 省略 ……
  "workbench.colorCustomizations": {
    "focusBorder": "#f00",     // 赤色
    "foreground": "#00f",      // 青色
    "widget.shadow": "#0f0",   // 緑色
    "selection.background": "#ff0"// 黄色
    "errorForeground": "#0ff"  // 水色
  }
}


ベースカラーの設定例

 この場合、VS Codeの表示は次のようになる。

ベースカラーの設定で変更される配色 ベースカラーの設定で変更される配色

 ここではエラーメッセージの色が水色になっていないが、これは統合ターミナルの文字色の設定(terminal.ansiBrightRed項目)を使って出力が行われているからのようだ。

ボタン

 VS Codeではボタンやドロップダウン、入力ボックスなどのコントロールについても配色を設定できる。これらは「コントロールの種類.設定項目名」という形式で参照される。例えば、ボタンでは以下の項目が用意されている。

項目 説明
button.background ボタンの背景色
button.foreground ボタンの文字色
button.hoverBackground マウスがホバーしている状態の背景色
ボタンの設定項目

 例えば、これらの項目を次のように設定したとする。

{
  …… 省略 ……
  "workbench.colorCustomizations": {
    "button.background": "#dd0",
    "button.foreground": "#000",
    "button.hoverBackground": "#a00"
  }
}


ボタンの配色の設定例

 この場合、[エクスプローラー]ビューにあるボタンの表示は次のようになる。

ボタンの設定項目(通常時)
ボタンの設定項目(マウスカーソルがボタンの上にある状態) ボタンの設定項目
上は通常時。下はボタンの上にマウスカーソルがある状態のもの。

ドロップダウン

 ドロップダウンでは、次のものが用意されている。

項目 説明
dropdown.background ドロップダウンの背景色
dropdown.border ドロップダウンの境界線の色
dropdown.foreground ドロップダウンの文字色
ドロップダウンの設定項目

 これらの設定項目と実際のドロップダウンとの関係を以下に示す。

ドロップダウンの配色を変更したところ ドロップダウンの配色を変更したところ

 上の画像ではドロップダウンの配色を次のように設定している。

{
  …… 省略 ……
  "workbench.colorCustomizations": {
    "dropdown.background": "#000",
    "dropdown.border": "#f00",
    "dropdown.foreground": "#fff"
  }
}


ドロップダウンの配色の設定例

入力ボックス

 入力ボックスには非常に多くの設定項目がある。そのうちの幾つかを以下に示す。

項目 説明
input.background 入力ボックスの背景色
input.border 入力ボックスの境界線の色
input.foreground 入力ボックスの文字色
inputOption.activeBorder 入力ボックスに表示されるオプション項目の境界線の色
inputValidation.errorBackground 入力ボックスに入力した内容についてエラーメッセージを表示する際の背景色
inputValidation.errorBorder 入力ボックスに入力した内容についてエラーメッセージを表示する際の背景色
入力ボックスの設定項目(一部)

 上で示した「inputValidation.errorBackground」と「inputValidation.errorBorder」という項目は入力内容にエラーがあった場合に表示されるメッセージに関連する設定だが、同様な項目として警告(inputValidation.warning〜)、情報(inputValidation.info〜)を表示する際の設定も用意されている。

 上で示した設定項目を次のように設定したとする。

{
  …… 省略 ……
  "workbench.colorCustomizations": {
    "input.background": "#ddf",
    "input.border": "#f00",
    "input.foreground": "#000",
    "inputOption.activeBorder": "#0f0",
    "inputValidation.errorBackground": "#faa",
    "inputValidation.errorBorder": "#fff"
  }
}


入力ボックスの配色の設定例

 この場合の入力ボックスは次のような見た目になる。

入力ボックスの表示例(通常の状態)
入力ボックスの表示例(エラーが発生している状態) 入力ボックスの表示例
上は通常の状態の入力ボックス。下は正規表現が完成していないため、エラーと見なされた状態の入力ボックス。

 次にスクロールバーとリストビュー、ツリービューで設定可能な項目を見てみよう。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。