連載
» 2017年11月08日 05時00分 公開

IT用語解説系マンガ:食べ超(127):課金すればペットロボが冬毛になります (4/4)

[倉田タカシ(@deadpop),@IT]
前のページへ 1|2|3|4       
マルコフ君「ペット飼いたいんすよねー」わたし「いいじゃない」おばあちゃん「イヌ派? ネコ派?」マルコフ君「ユニコーンとか!」わたし「実在する生き物から選んでくださいな」マルコフ君「えっえっ 何で生き物なんすか?」わたし「ペット=ペットロボという価値観!?」マルコフ君「生き物をペットにするって考えが理解できないっすね」わたし「そう言われるとそんな気持ちにもなってきたぞ……」社長「わしに妙案がある」ロボ掃除機をペットロボにするサービス! ソフト開発だけで提供可能! トイレのしつけなどを楽しむことができます ときにはいたずらも…… 社長「わざわざペットロボを開発しなくてもいいのだ。これからは普通のロボをペットに変えるソリューション!」社長「ペットの概念を拡張していくんだっ」わたし「どうしてペットロボ業界に進出したいんですか?」
社長「ペットロボは効率的に顧客のデータを収集できるのだよ……」わたし「邪悪!!」おばあちゃん「けっこう目の付け所がいいかもね」海外にも作業ロボのペット化の事例があるのよ」おばあちゃん「これは露天掘りマシン。ロボペットのフラッフィーちゃん」毎日岩を掘らせてあげてね! 極限作業ロボのペットはちゃんとした極限環境で飼いましょう! ペットとしてのケンタウロスロボ わたし「おっ微妙な領域にきたぞ」社長「人間型でもロボならばペットにしてOKでしょ?」荒木さん「腕のいい弁護士が必要かも?」社長「むしろペットロボ風のレンタルおじさんはどうだろうか」わたし「どうだろうかではないです」マルコフ君「どれもイマイチっすねー」社長「むむう」マルコフ君「これにしたっすよ」わたし「自動運転のクルマ!?」おばあちゃん「確かにロボね」

筆者プロフィール

倉田タカシ

倉田タカシ

イラストレーター、マンガ家、文筆業、Web制作業。

著書「母になる、石の礫【つぶて】で」(早川書房)

河出書房新社『NOVA2』『NOVA10』、東京創元社『量子回廊』に短編を収録。共作Web企画『旅書簡集 ゆきあってしあさって』に参加中。

http://yukiatte.tumblr.com/



前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。