連載
» 2018年01月12日 05時00分 公開

【 export 】コマンド――環境変数やシェル変数を設定するLinux基本コマンドTips(174)

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、環境変数やシェル変数を設定する「export」コマンドです。

[西村めぐみ,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Linux基本コマンドTips」のインデックス

Linux基本コマンドTips一覧

 本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、環境変数やシェル変数を設定する「export」コマンドです。

exportコマンドとは?

 「export」は、環境変数やシェル変数を設定するコマンドです。

 Linux環境で使用する変数には、シェルからのみ参照できる「シェル変数」と他のコマンドからも参照できる「環境変数」があります ※1。

 exportには2つの使い方があります。1つは環境変数を定義すること、もう1つはシェル変数を環境変数に、あるいは環境変数をシェル変数に変更することです。

※1 シェルはコマンドを起動する際、環境変数のコピーをそのコマンドに受け渡す(シェル変数は渡さない)。従ってコマンド側ではシェル変数の内容を参照できない。さらにコマンド側で環境変数の内容を変えても、コピー元の環境変数の内容は変わらない。





exportコマンドの書式

export [オプション] [変数名[=値]……]

※[ ]は省略可能な引数を示しています。




exportの主なオプション

短いオプション 意味
-f シェル関数を参照する
-n 指定した環境変数をシェル変数に変える
-p 全てのエクスポートされた変数と関数を全て一覧表示する(変数名は指定できない)


シェル変数を環境変数に変える

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。