連載
» 2018年01月12日 05時00分 公開

中古PC活用:NAS4Freeをインストールして中古PC/サーバでNASを作ってみよう (3/4)

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

NAS4FreeのWebGUIを開く

 ここからは他のPC上のWebブラウザを使って、NAS4Freeの設定を行っていく。Webブラウザを起動し、「WebGUI Address」に記載されていたURLを入力する。

共有フォルダやユーザーアカウントの設定はWebGUIを使って行う 共有フォルダやユーザーアカウントの設定はWebGUIを使って行う

 NAS4Freeのログイン画面が表示されたら、NAS4Freeにアクセス可能になっていることが分かる。デフォルトのユーザー名/パスワードは、admin/nas4freeとなっているので、これを入力してログインする。

WebGUIを開く WebGUIを開く
NAS4Freeの画面でIPアドレスを確認して、別PCのWebブラウザで開く。NAS4Freeのログイン画面が表示されるはずだ。

 ここでURLを入力してもログイン画面が表示されないようなら、NAS4Freeのネットワーク設定などでミスをしているので、再度、NAS4FreeをインストールしたPCに戻り、「4) Reset to Factory Defaults」を実行して初期化して、最初からネットワークの設定などをやり直そう。

 正しくログインできたら、以下のような「システム情報」画面が表示される。

WebGUIにログイン直後の画面 WebGUIにログイン直後の画面
WebGUIにログインすると、この[システム情報]画面が表示される。

 そこでセキュリティのため、WebGUIのパスワードを変更しておくとよい。メニューバーで[システム]を選択し、表示されたメニューで[基本設定]を選択する。[システム > 基本設定]画面が開くので、[パスワード]ボタンをクリックしよう。Web UIとルートパスワードを変更できる画面が表示されるので、「現在のパスワード」に「net4free」を入力して、新しいパスワードを設定すればよい。

WebGUIのパスワードを変更する WebGUIのパスワードを変更する
[システム > 基本設定]画面を開き、[パスワード]ボタンをクリックしてこの画面を開く。現在のパスワードは、デフォルトのパスワードである「nas4free」を入力する。新しいパスワードを入力し、[保存]ボタンをクリックすると、パスワードが変更できる。

NAS4Freeの初期設定を行う

 次は、共有フォルダやユーザーアカウントの作成を行い、NAS4FreeがWindowsネットワークから見えるように設定していく。

 メニューバーで[サービス]を選択し、表示されたメニューで[CIFS/SMB]を選択する。

 [サービス > CIFS/SMB > 設定]画面が開くので、「Common Internet File System」の右側にある「有効」のチェックを入れる。これで、その下の設定が行えるようになる。

NAS4Freeの初期設定を行う NAS4Freeの初期設定を行う
認証方法やNetBIOS名などを設定する。

 ここで下表のように設定の変更を行う。

設定項目 設定内容
認証 ワークグループ:「ローカルユーザ」Active Directory:「Active Directory」
NetBIOS Name 必要に応じてNetBIOS名を変更
ワークグループ ワークグループ名
Dos Charset 「CP932 (日本語 Shift-JIS)」
タイムサーバ 「No」
[CIFS/SMB]の設定

 設定が完了したら、画面最後の[保存して再起動]ボタンをクリックして、設定を保存する。「変更は問題なく成功しました」と表示されるはずだ。以下では、「認証」でNAS4Freeにユーザーアカウントを設定して使う「ローカルユーザ」を選択したとして解説していく。Active Directory環境の場合は、「認証」で「Active Directory」を選択すれば、Active Directoryと連携したユーザー管理が可能だ。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。