連載
» 2020年01月08日 05時00分 公開

Google Chrome完全ガイド:【Google Chrome】起動時のページとプロキシ、検索エンジンを変更する

Google Chromeに限らず、Webブラウザを使い込んでいくと、変更したくなるデフォルトの設定があります。そのうち、起動時のページとプロキシ、検索エンジンの設定について説明します。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

連載目次

Chromeはプロキシサーバに対応しています Chromeはプロキシサーバに対応しています

 本稿では、「Google Chrome」(以下、Chrome)の起動時に表示されるページや検索エンジンをカスタマイズしたり、プロキシサーバ経由で接続したりする方法について説明します。

Chromeが起動したときに表示されるページを変えるには

 Chromeを起動したとき、デフォルトでは新規ページが表示されます(新規といっても、Google検索の入力フォームと、よく開いているページのサムネイルが載っています)。

 これを好みのWebページに変更できます。それにはまず右上隅のメニューボタンをクリックして、表示されたメニューで[設定]をクリックします。

Chromeの設定画面を開く手順 Chromeの設定画面を開く手順

 するとChromeの設定画面(chrome://settings/)が表示されるので、左ペインの[起動時]をクリックします(直接「chrome://settings/onStartup」を開いても構いません)。すると右ペインに起動時の表示ページの設定ページが表示されます。

 ここで[前回開いていたページを開く]ラジオボタンを選ぶと、前回Chromeを終了した時点で開いていたページが再び表示されるようになります。また、[特定のページまたはページセットを開く]ラジオボタンを選ぶと、特定のWebページを1枚または複数枚、起動時に自動で表示できます。

Chromeの起動時に表示されるページの設定 Chromeの起動時に表示されるページの設定

●あらかじめ開いておいたWebページを登録させると簡単

 特定のWebページを起動時に開きたい場合、あらかじめ対象のWebページをChromeのタブで開いてから、[特定のページまたはページセットを開く]−[現在のページを使用]をクリックすることで、Chromeに自動登録させるのが簡単です。複数のページを開いておけば、それらのページ全てが起動時に表示されるようになります。

あらかじめ開いておいたWebページを自動的に登録 あらかじめ開いておいたWebページを自動的に起動時ページとして登録

 このとき、設定しているのとは別のChromeのウィンドウを開いていると、そこに表示されているWebページも上記の一覧に表示されてしまうので注意しましょう。

●直接URLを指定して起動時のページを登録するには

 起動時に表示されるWebページは、URLを直接指定して登録することもできます。例えば、接続元の端末の種別によって自動的に最適なWebページにリダイレクトされる場合は、[特定のページまたはページセットを開く]−[新しいページを追加]をクリックして、リダイレクト前のURLを登録するのがよいでしょう。

URLを直接指定してChrome起動時の表示ページを登録 URLを直接指定して起動時ページを登録

 複数のページを登録するには、ページごとに上記の追加手順を繰り返します。

●ワンタッチで特定のページに戻れるようにするには

 ツールバーに[ホームボタン]を追加し、それがクリックされると特定のWebページが表示される(戻る)ようにすることもできます。前述の起動時のページと似ていますが、それぞれ別々のWebページを設定できます。

 それにはまず、前述の手順で設定ページを開いてから左ペインで[デザイン]を選びます(直接「chrome://settings/appearance」を開いても構いません)。次に、右ペインの[ホームボタンを表示する]スイッチをオンにしてから、以下のようにホームボタンをクリックしたときに表示されるページを選択します。

[ホームボタン]をクリックすると特定のページに戻るための設定 [ホームボタン]をクリックすると特定のページに戻るための設定

プロキシサーバ経由でChromeからサイトに接続するには

 企業などの組織内システムでは、内部設置の「プロキシサーバ」を経由しないとインターネット上のサイトに接続できないことがよくあります。

企業内システムにおけるプロキシサーバの例 企業内システムにおけるプロキシサーバの例

 Chromeはもちろんプロキシ経由での接続にも対応しています。Windows OS版Chromeの場合、ChromeはWindows OSでのプロキシ設定をそのまま利用します。つまり、Windows OS側でプロキシの設定が済んでいれば、Chromeでは設定を追加することなくプロキシ経由で接続できます。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。