連載
» 2020年03月04日 05時00分 公開

Google Chrome完全ガイド:【Google Chrome】現在地(位置情報)の取得をサイトごとにオン/オフする

Google Chromeで現在地取得などの機能をWebサイトごとにオン/オフすることで、プライバシー保護やセキュリティ向上に役立てることができます。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

連載目次

 本ページでは、Google Chrome(以下、Chrome)で現在地(位置情報)の取得などの設定をWebサイトごとに許可/禁止する方法について説明します。

ChromeでWebサイトに現在地取得を許可するには

 Chromeでは、プライバシーやセキュリティの観点から、Webサイトごとにさまざまな機能を実行してよいかどうか、ユーザーが許可/禁止(ブロック)できるようになっています。例えばユーザーの現在地(正確にはChromeを実行しているコンピュータの現在地)の取得についても、Webサイトごとにユーザーが許可/禁止を設定できます(デフォルトは許可/禁止の確認)。こうした仕組みにより、現在地という個人情報がむやみにインターネット上に流れないように防御されています。

 ただし、ある特定のWebサイトでいったん現在地取得を禁止してしまうと、当然ながら以後、そのWebサイトでは現在地取得に失敗してしまいます。

Chromeによって現在地の取得が禁止されているWebサイト Chromeによって現在地の取得が禁止されているWebサイト

 再び現在地取得を許可するには、アドレスバー(オムニボックス)右端に表示されているアイコン(上記画面の(1))をクリックします。

再び現在地取得の許可/禁止ダイアログが表示されるようにする 再び現在地取得の許可/禁止ダイアログが表示されるようにする

 [管理]ボタンをクリックすると、前述の通知と同様に、現在地に関する各Webサイトの設定を一覧したり修正したりできます。

 [これらの設定を消去して次回以降に適用しない]をクリックすると、再び許可/禁止のダイアログが表示されるようになります。

Webサイトに対して現在地の取得を許可する Webサイトに対して現在地の取得を許可する

 ここで[許可]ボタンをクリックすると、以後、このWebサイトでは現在地の取得が許可されます(ユーザーへの確認なしで、自動的に現在地の取得が実行されます)。

 どのWebサイトに何の機能が許可/禁止されているのかは、Chromeの設定ページの[プライバシーとセキュリティ]−[サイトの設定]から確認できます。「chrome://settings/content」を開いて構いません。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。