連載
» 2018年03月07日 05時00分 公開

仕事が「つまんない」ままでいいの?(39):裁量労働制はエンジニアを幸せにするのか? (3/3)

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]
前のページへ 1|2|3       

裁量労働制はエンジニアを幸せにするのか

 さて、ここで本題。裁量労働制はエンジニアを幸せにするのでしょうか。

 裁量労働制は、働き方や働く時間を、自分の裁量で決められる制度です。

 もっといいものを作りたい、もっといい品質に仕上げたい、もっとお客さんに喜んでほしい……という動機で裁量労働ができれば幸せ。「今日はちょっとがんばり過ぎたから、明日は少しゆっくりしよう」のように、自分の意思で時間を決められるのなら、幸せ。

 逆に、会社に都合のいいようにされるのなら、不幸。そういうものだと思います。

 そういう意味では、労働者側が「自分は利用されていないか」を気にしておく必要はあるかもしれませんね。

 逆の言い方をすると、裁量労働制は、労働者が「自立していること」が大切だと思います。「自立」とは、「独立」や「起業」など、働き方の体裁を言っているのではありません。「自分の意思を持つ」ということ。会社に勤めていても、自立はできます。

 会社の言いなりではなく、会社に依存するでもない。そういう意識は必要かもしれませんね。

筆者プロフィール

竹内義晴

しごとのみらい理事長 竹内義晴

「仕事」の中で起こる問題を、コミュニケーションとコミュニティの力で解決するコミュニケーショントレーナー。企業研修や、コミュニケーション心理学のトレーニングを行う他、ビジネスパーソンのコーチング、カウンセリングに従事している。

著書「感情スイッチを切りかえれば、すべての仕事がうまくいく。(すばる舎)」「うまく伝わらない人のためのコミュニケーション改善マニュアル(秀和システム)」「職場がツライを変える会話のチカラ(こう書房)」「イラッとしたときのあたまとこころの整理術(ベストブック)」「『じぶん設計図』で人生を思いのままにデザインする。(秀和システム)」など。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。