連載
» 2018年04月10日 05時00分 公開

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(38):大分編:蛇口をひねれば温泉が!――別府で働くゲームプログラマーのリアルなエンジニアライフ (4/5)

[安達圭司(fuzz),@IT]

「別府の温泉はスゴイ」って言いたい

温泉(いちのいで会館)

 別府のエンジニアライフの何がスゴイかというと、一言でいえば「日常に温泉がある」ことです。

 「日常に温泉がある」とはどういうことかというと、例えば「蛇口をひねれば温泉が出てくる」というウソのような本当があることです。全ての住宅がに標準装備ではありませんが、「温泉付きマンション」や「温泉付き一軒家」では、もれなく自宅の蛇口をひねったら温泉が出ます。

 「徒歩圏内に温泉施設がある」も「日常に温泉がある」といえるでしょう。

 fuzz別府支社がある別府駅周辺だけでも、徒歩圏内で入れる温泉施設は30以上あります。弊社から一番近い温泉の「不老泉」や「駅前高等温泉」は、徒歩1分くらいで行けます。「ちょっと休憩がてら温泉入ってきます」がリアルに実行可能ですし、私も社員も何回かしたことがあります。

「不老泉」のような市営温泉は「1回100円」で入れます。さらに「市民入浴券」を購入すると「30回2千円」で入れます

 なぜこんなに温泉が多いのかというと、別府はとにかく「湯が出まくる」からです。「日本温泉協会」の調査によると、「源泉総数」「総湧出量」共に日本一です。

源泉総数
1 別府温泉郷 2217
2 由布院 879
3 伊東 649

総湧出量
1 別府温泉郷 8万3058(L/m)
2 由布院分 4万4486
3 奥飛騨温泉郷 3万6904
(出典:「温泉統計ベスト10」〜『温泉』通巻859号、一般財団法人日本温泉協会、2014年)

 また、温泉には「泉質」があり、通常の温泉郷は1〜2種類が普通ですが、別府は7種類の泉質温泉に入れます。

泉質
別府市には10種類ある掲示用泉質のうち、7種類の泉質が確認されています。
(出典:「温泉データ」〜別府市公式ホームページ)

 別府市民にとって温泉は、「日常」です。私も週5くらいで温泉に行っており、自宅の風呂をあまり使いません。このような人は別府に多いと思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。