連載
» 2018年04月11日 05時00分 公開

働く価値を上げる“VBA/GAS”術(7):「数百のファイルを1つ1つ開くの面倒……」、複数のExcelデータを1箇所に集約するマクロ術 (2/3)

[高橋宣成,プランノーツ]

経費データ収集マクロ

 フォルダ「経費精算書」内の全ファイルを開き、経費精算データを「経費収集.xlsm」のシート「経費収集」に自動で集めるマクロを作成しました。

Sub 経費データ収集()
Dim fso As FileSystemObject
Set fso = New FileSystemObject
Dim pass As String
pass = ThisWorkbook.Path & "\経費精算書"
Dim month As Date, department As String, fullname As String '対象月,部署,氏名
Dim i As Long, j As Long '経費精算書の行数,経費集計の行数
j = 2
Dim f As File
For Each f In fso.GetFolder(pass).Files
  With Workbooks.Open(f)
    With .Worksheets(1)
      month = .Range("G1").Value    '対象月
      department = .Range("G3").Value '部署
      fullname = .Range("G4").Value   '氏名
      
      i = 8
      Do While .Cells(i, 1).Value <> ""
        Sheet1.Cells(j, 1).Value = month        '対象月
        Sheet1.Cells(j, 2).Value = .Cells(i, 1).Value   '日付
        Sheet1.Cells(j, 3).Value = department       '部署
        Sheet1.Cells(j, 4).Value = fullname       '氏名
        Sheet1.Cells(j, 5).Value = .Cells(i, 2).Value   '科目
        Sheet1.Cells(j, 6).Value = .Cells(i, 5).Value   '摘要
        Sheet1.Cells(j, 7).Value = .Cells(i, 6).Value   '金額
        Sheet1.Cells(j, 8).Value = .Cells(i, 7).Value   '備考
        i = i + 1
        j = j + 1
      Loop
    End With
    .Close
  End With
Next f
End Sub

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。