連載
» 2018年04月13日 05時00分 公開

Windows 10 The Latest:複雑怪奇? Windows 10の大型更新とサポート期間を整理する

Windows 10では従来のWindows OSと異なり、年2回、大型アップデートの提供が行われるようになった。それに伴い、サポート期間もバージョンごとに設定されるなどの変更が行われており、かなり複雑なものとなっている。本稿では、アップデートの提供タイミングならびにそのサポート期間などを整理する。

[塩田紳二,著]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

Windows 10のアップデート提供のタイミングはどうなっているの?

 Windows 10では、従来のWindows OSのように年単位でのメジャーバージョンアップの開発をやめ、月単位でのアップデート(更新)を行うようになった。そのため、サポート期間などにも大きな変更が加わり、非常に分かりにくいものとなってしまった。そこで、本稿ではアップデートがどのようなタイミングで提供されるのか、そのバージョンのサポート期間がどのようになっているのかを整理する。

Windows 10のアップデートタイミング Windows 10のアップデートタイミング
Windows 10は、年2回のFeature Updateと毎月のQuality Updateで更新されていく。

 このアップデートには、大きく以下の3つある。

アップデート名 提供タイミング
Feature Update 新しい機能を追加。年2回、4月と10月に配布
Quality Update 新しい機能を含まない。毎月配布
Security Update セキュリティ関連。臨時に行われることがある
アップデート名と提供タイミング

 すでに「Feature Update」は、最初のRTMを含めると6回配布されている。Windows 10では、各Feature Updateにより機能が違うため、これをバージョン番号(Ver.)で区別する。

配布日 バージョン ビルド コード名 アップデート名称 概要
2015/07/29 (1507) 10240 Threshold(TH1) RTM 最初のWindows 10
2015/11/12 1511 10586 Threshold2(TH2) November Update 最初のアップデート
2016/08/02 1607 14393 Redstone1(RS1) Anniversary Update 新シリーズ。Pen、コルタナ強化。Windows Hello
2017/04/11 1703 15063 Redstone2(RS2) Creators Update 3D、MR対応。ここから年2回のアップデート
2017/10/17 1709 16299 Redstone3(RS3) Fall Creators Update Fluent Design。OneDrive OnDemand。マイ連絡先
2018/04/30 1803 17134 Redstone4(RS4) April 2018 Update Windows Timeline、近距離共有、診断データ
2018/10 1809 176xx Redstone5(RS5) Sets(仮)。Redstoneシリーズの最後
2019/04 1903 18xxx 新しいコード名 新シリーズ。LTSCエディションが出る
これまで提供されたFeature Update

 このバージョン番号には、Feature Updateの開発が完了した年、月を組み合せている。例えば、2017年10月に配布が始まった「Fall Creators Update」は、2017年9月に開発が完了したため「Ver.1709」となる。このときのFeature Updateで、Windows 10に「マイ連絡先」が追加された。この機能は、Ver.1709以前(例えばVer.1703)には存在しない。また、Ver.1803でマイ連絡先の機能が改良されている。

 このバージョンは、毎月配布されるQuality Updateにより変わっていくため、その状態を「OSビルド」として記述する。OSビルドは、元になるWindows 10のビルド番号とQuality Updateによる番号をピリオドでつないで表現されている。

 ビルド番号とは、Windows 10の開発時に毎日作られるイメージに連番で付けられる番号である。なおFeature Updateは、特定のビルド番号を持つ。

 Quality Updateは、マイクロソフト社内で細かいアップデートを繰り返してきたものを、1カ月分まとめて配布するものだ。このため、小数点以下の数字は飛び飛びになる。

 このようなOSビルドを持つWindows 10は、Windows Insider ProgramのInsider Preview版などとして配布されることがある。また、一般配布される場合には、Quality Updateが適用されたものになることがある。

 2018年4月のWindows10 Ver.1709のOSビルドは「16299.309」である。16299がVer.1709の完成時のビルド番号だ。このOSビルドは、WinVer.exeで表示することができる。

[Windowsのバージョン情報]画面 [Windowsのバージョン情報]画面
[Windows]+[R]キーで[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開き、「winver」と入力して[Enter]キーを押すと、この画面が開く。この画面を見ると、Windows 10のバージョンとビルド番号が分かる。

Windows 10で変更になったサービスモデルって?

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。