連載
» 2018年05月09日 05時00分 公開

気になるニュース&ネット記事:Microsoft Build 2018 vs. Google I/O 2018[機械学習視点]: FPGA vs. TPU、ML.NET vs. ML Kit

2018年の年次開発者向けカンファレンスがマイクロソフトとグーグルでほぼ同時期に開催され、両者とも今年はAIを軸に新機能や事例が紹介されている。特に機械学習の観点でそこで発表された主要ニュースをまとめる。

[一色政彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「気になるニュース&ネット記事」のインデックス

連載目次

ご注意:本記事は、@IT/Deep Insider編集部(デジタルアドバンテージ社)が「deepinsider.jp」というサイトから、内容を改変することなく、そのまま「@IT」へと転載したものです。このため用字用語の統一ルールなどは@ITのそれとは一致しません。あらかじめご了承ください。

 今週はマイクロソフトとグーグルの年次開発者向けカンファレンスが開かれており、両社とも、AIを製品のあらゆる場所に組み込んだ内容が多数発表されている。この記事では、特に機械学習という観点でニュースを取りまとめてみた。

大型デベロッパーカンファレンスの方向性

 まずはその概要を紹介しよう。次の節からカテゴリごとに個別の発表内容も紹介していく。

Microsoft Build 2018の概要

 まずはマイクロソフト主催のBuild 2018から。基本的な方向性としては、ここ数年と同じく“Intelligent Cloud, Intelligent Edge”(クラウド+AIと、IoTエッジデバイス&MR+AI)ビジョンに基づいて、新機能や事例などが紹介されたというのが筆者の印象である。詳しくは下記の記事を参考にしてほしい。

 また、面白いところでは、昨年生産を終了していたKinectがAzure AIが利用可能なエッジデバイスとして再提供されることが発表され、一部のファンが喜んでいる。提供時期についての説明はなかったが、下記リンク先の公式サイトで連絡を受け取る手続きが行える。

Google I/O 2018の概要

 次に、グーグル主催のI/O 2018。こちらも、大きな方向性としてはマイクロソフトと同じように思えた。ただし、グーグルにはAndroidがあり、こちらを軸に最新のAI技術やIoTを活用する新機能が多く発表されたという印象を筆者は持っている。

 新しいAI/ML技術に刷新した事例としては、例えば下記リンク先に示されている、新しい“Google News”がある。これはAndroid/iOS向けに提供されている既存の“Google Play Newsstand”や“ Google News & Weather”といったアプリ、およびWebの“Google News”を置き換えるものである。すでに展開開始しているが、127カ国全員が利用可能になるのは次週としている。

AIハードウェア: 機械学習専用プロセッサー

 各社のクラウドプラットフォーム上で利用できる機械学習用のプロセッサーについても両者それぞれに発表があった。

Microsoft Azure: FPGA

 マイクロソフトは、2017年8月22日にリアルタイムAI処理のための“Project Brainwave”を発表していた。今回のBuild 2018では、そのプレビューが公開されており、この“Project Brainwave”では(GPUではなく)FPGAが採用されているという。

Google Cloud Platform: 新“TPU”

 一方のグーグルは、ご存じのとおり、TPU(Tensor Processing Unit)という独自設計の機械学習処理用プロセッサーを、GCP(Google Cloud Platform)向けにすでにベータとして提供開始している。今回のI/O 2018では、その第3世代となる「TPU 3.0」が発表された。

機械学習用のライブラリ/ツール

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。