連載
» 2018年05月23日 05時00分 公開

仕事が「つまんない」ままでいいの?(41):その成長は何のため?――「成長」に息苦しさやうっとうしさを感じたら (4/4)

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]
前のページへ 1|2|3|4       

その成長は、何のため?

 最後に。

 よく、「もっと成長したい!」という人がいます。成長するのはとてもすばらしいことです。でも、成長することでどうなりたいのだろう? 成長したらどうするのだろう? 成長したら、どんな未来が待っているのだろう?

 「成長するのが正しい」と、何となく思ってはいないだろうか。「成長すること」が目的になっていないだろうか?

 私は、成長は「目的」ではなく「手段」だと思います。

 まだ見ぬ未来を「成長すれば、きっと良くなるはずだ!」「成長!」「成長!」と追い求めるのも悪くないかもしれませんが、それよりも大切なのは、今、目の前にある課題を乗り越えること、今、できることを増やすこと、今、周りの人が喜ぶことをやることではないでしょうか。

 未来に向かって無理にジャンプしようとするよりも、地に足を付けて、今できることからやっていけば、できることが増えて自信も付くし、周りからも信頼されるでしょう。

 そして、1年後、5年後、10年後――過去の自分を振り返ったときに、しみじみと思うでしょう。「あのときより成長したな」「あのときより少しはマシになったな」と。

筆者プロフィール

竹内義晴

しごとのみらい理事長 竹内義晴

「仕事」の中で起こる問題を、コミュニケーションとコミュニティの力で解決するコミュニケーショントレーナー。企業研修や、コミュニケーション心理学のトレーニングを行う他、ビジネスパーソンのコーチング、カウンセリングに従事している。

著書「感情スイッチを切りかえれば、すべての仕事がうまくいく。(すばる舎)」「うまく伝わらない人のためのコミュニケーション改善マニュアル(秀和システム)」「職場がツライを変える会話のチカラ(こう書房)」「イラッとしたときのあたまとこころの整理術(ベストブック)」「『じぶん設計図』で人生を思いのままにデザインする。(秀和システム)」など。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。