連載
» 2018年06月25日 05時00分 公開

開発残酷物語(8):開発費5000万円、売り上げ10万円!――オリジナルプロダクト開発に失敗し続けたシステム開発会社の今 (3/4)

[竹内充彦,@IT]

ゲーム以外の分野でも、チャレンジ(というか無謀)!

 良かった良かった、と山本氏がうなずいていると、島田氏が「実は……」と切り出した。何とスタイル・フリー社は、ゲーム以外のプロダクトでも「やらかして」いたというのだ。

 「事前リサーチが足りず失敗しました。企業や団体などB2B向けのトークアプリを企画、開発したのですが……」(島田氏)

「実は、まだありましてね」(島田氏)「なぬ!」(山本氏)

 同社には当時、「業界ウォッチ」という認識が一切なかったという。「こういうの、あったらいいよね」という社内のメンバーのノリで開発をスタートし、完成したら営業して回るというスタンスだった。

 「営業が売り込みに行ったら『そういうの、もうあるよ』と言われ、慌てたという……」(島田氏)

 「お客さんから指摘されるのはツラいですねぇ」(山本氏)

 世の中には既に「Chatwork」に代表される競合製品が出回っており、多くの企業は、導入済みか、導入できない事情があるか、導入する必要がないか、のいずれかという状況だったのだ。

 「後発が参入するのは厳しい世界でした」(島田氏)

 「それでも、2000年代にはやった『ポストペット』のように、ユーザーに引っ掛かるフックのようなものがあれば、競合を押しのけられる可能性もあるのですが……」(山本氏)

 「なかったですね。チャレンジというより無謀でした」(島田氏)

itta

 島田氏が代表となってからは、予算が発生するものは、事前に取締役会に諮り、承認を得てから推進していくスタイルにしたそうだ。きちんと事前のリサーチも行い、事業計画や予算も吟味されるようになったので、同じ失敗は二度と繰り返すこともない(だろう)。

 そんな同社が現在注力しているのがメディア事業だ。その中でも旅行メディア『itta』はイチ推しのコンテンツである。「旅好きライターたちの『行った!』を感じる――思わず誰かを旅行に誘いたくなる旅のしおり」という同メディアは、現在順調に読者数を増やしている。

 「マネタイズはまだこれからですが、旅行というテーマだけに可能性は広い。現在、いろいろなプロモーションも検討しています。数々の失敗を乗り越えて、ようやく生まれた自社オリジナルコンテンツということもあり、何とか成功させたいと考えています」(島田氏)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。