連載
» 2018年07月11日 05時00分 公開

IT用語解説系マンガ:食べ超(142):古代神とのSES契約で、あると便利なオーパーツ (3/4)

[倉田タカシ(@deadpop),@IT]



お友達「地球の法律どころか物理法則すら通用しない……」わたし「なぜそれで業務契約だけはできるのですか」






社長「中抜きはとてもやりたいが自分が中抜きされるのは許せん!!」






お友達「超時空通報はコストがかかるんだよねー」社長「やってくれ!」






お友達「うわ、何かキタ」






お友達「フェアな契約に直しといたよメンゴメンゴだって」わたし「いやいやいや」






結局、どういう訳か高次元オフィスに常駐する羽目になった私たちなのです わたし「全然慣れない、この机」



 エアコンの温度を下げてもらうのと同じ感覚で、常駐先の次元も下げてもらいましょう。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。