連載
» 2018年08月15日 05時00分 公開

IT用語解説系マンガ:食べ超(144):サマータイムで学べるウラシマ効果とは? (4/4)

[倉田タカシ(@deadpop),@IT]
前のページへ 1|2|3|4       
社長「サマータイムに対応するシステム改修業務のために、毎日2時間早く出勤してくれ」すうっ ピーッ 社長「いち早く案件をゲットした私の手腕に感謝してくれたまえ」わたし「そもそもまだ導入が決まってもいないじゃないですか」わたし「そしてまた激安で見境なく請けてきましたね!?」社長「これは特需だ!みんなでサマータイム長者になろう!!」荒木さん「それはボーナスが増えるということですね?」社長「あーんー」マルコフ君「早くサマータイムが来てほしいっす!」わたし「マルコフ君は夏休みと勘違いしてるんじゃないかしら」社長「まあ、ちゃちゃっと対応してくれればいいから」わたし「IT従事者にあるまじき認識……」
おばあちゃん「政府はインディアンサマータイムも導入を検討中らしいわよ!」マルコフ君「インディアンポーカーみたいなやつっすか?」小春日和の日だけ時刻を1時間半早める制度です わたし「不定期アンド予測不能!!」おばあちゃん「おばあちゃんは人類の知性を信じてるから反対運動をオーガナイズしたわよ」社長「いっそ1時間を20%長くする拡張型サマータイムはどうだろう!!」わたし「どうだろうではございません」社長「私はちょっとくらい長く働いても平気だぞ?」わたし「これだから頑丈過ぎる経営者は……」わたし「それはそうとさっきから眠くてボーッとするんですよ」荒木さん「もしやこれは……」荒木さん「既にサマータイム効果発生装置が作動していた!」社長「バレたか!」わたし「一体どんなメリットが!?」わたし「停止してくださいっ」社長「それは勘弁してくれっああっ」装置の誤動作でシエスタが発生しました

筆者プロフィール

倉田タカシ

倉田タカシ

イラストレーター、マンガ家、文筆業、Web制作業。

著書「母になる、石の礫【つぶて】で」(早川書房)、「うなぎばか」(早川書房)など

河出書房新社『NOVA2』『NOVA10』、東京創元社『量子回廊』に短編を収録。共作Web企画『旅書簡集 ゆきあってしあさって』に参加中。

http://yukiatte.tumblr.com/



前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。