ニュース
» 2018年10月02日 08時00分 公開

2018年は前年比27.4%増:国内パブリッククラウド市場の成長率は毎年20%超、IDCが予測

IDC Japanは国内パブリッククラウドサービス市場の予測を発表した。2018年の市場規模は、対前年比27.4%増の6663億円。2022年の市場規模は2017年の2.8倍に当たる1兆4655億円に達すると予測した。

[@IT]

 IDC Japanは2018年10月1日、国内パブリッククラウドサービス市場の予測を発表した。それによると、2018年の市場規模は、対前年比27.4%増の6663億円。2017〜2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は22.9%で、2022年の市場規模は2017年の2.8倍に当たる1兆4655億円に達すると予測した。

 なお、同社が予測したパブリッククラウドサービス市場は「SaaS(Software as a Service)」「PaaS(Platform as a Service)」「IaaS(Infrastructure as a Service)」を意味しており、関連する導入や運用、サポートなどのITサービスの他、PaaSやIaaS上で稼働するアプリケーションを含んでいない。

国内パブリッククラウドサービス市場の売上額予測(出典:IDC Japan

 パブリッククラウドサービスが成長する理由をIDC Japanは3つ挙げている。第1にパブリッククラウドサービスのサイバーセキュリティに対する懸念が解消されつつあること、第2にセキュリティの運用サービスを備えたマネージドパブリッククラウドサービスを提供するベンダーが増加したことだ。このようにして従来型ITからクラウドへの移行が進むとした。

 第3にデジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)が、クラウドへの移行を後押しすると指摘する。DXアプリケーションは、その開発に業務担当者の関与が必要であることに加え、優れた拡張性や柔軟性、連携性と短いサイクルでのリリースが重要になるからだ。

 そのため、DevOpsや、高度なプログラミングを施さずにアプリケーションを開発する「Low Code」や「No Code」が注目を集め、IoT(Internet of Things)やAI(人工知能)といった新技術を活用したソリューションの開発が進んでいる。これらの技術やソリューションは、「クラウドネイティブアーキテクチャ」を核として発展しており、今後の国内パブリッククラウドサービス市場の成長を促進する大きな要因になるとIDCは見ている。

 IDC JapanでITサービスのリサーチディレクターを務める松本聡氏は、「現在、クラウドネイティブに適したPaaSが発展している。PaaSの発展がDXアプリケーションの開発を促進し、新しいIT市場を開拓する重要な役割を果たしている」と述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。