連載
» 2018年10月12日 05時00分 公開

Tech TIPS:Windows 10の「バックアップ」機能(ファイル履歴)でファイルを定期的にバックアップする

Windows 10には、ファイルやフォルダを定期的にバックアップできる「バックアップ」機能が付属している(Windows 8で導入された「ファイル履歴」を拡張したもの)。これを使ってファイルやフォルダをバックアップすることで、ミスでファイルが失われるのを防ぐことができる。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10


 Windows 10の大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update」を適用したら、一部のユーザーのユーザーファイルが消失してしまった、という不具合が発生したようだ。非常にまれな出来事だが、このように更新プログラムの不具合や適用の失敗において、ファイルが失われてしまうことがある。

 また通常の作業においても、間違ってファイルを削除してしまったり、別のファイルに上書きしてしまったりした経験は誰にでもあるだろう。ちょっとしたミスで、何時間もかけた作業が失われてしまうことになる。

 こうした出来事や失敗、システム障害などでファイルが失われるのを防ぐには、ファイルを小まめにバックアップしておくことだ。ただ、手動でバックアップするとなると、ついつい忘れてしまう。

 このような場合は、Windows 10に標準搭載されている「バックアップ」を利用するとよい。これは、指定したフォルダを一定間隔で、設定したドライブにバックアップするものだ。バックアップ先では特に暗号化などはされておらず、変更があったファイルがそのままコピーされるだけなので、システム障害などでPCが壊れても、別のPCでファイルやフォルダを復元することが可能だ。

 Windows 10には、Windows 7からサポートされている「バックアップと復元」機能(こちらはVHDファイル形式でバックアップを行う)も引き続きサポートされているが、こちらは最も短い期間で1日1回のスケジュールしか設定できないため、修正したファイルを少し前のバージョンに戻したいといった用途にはあまり向かない。

 一方、Windows 10の「バックアップ」は、10分から1日1回(毎日)までの間隔が設定可能なので、作業途中のデータもバックアップできる。本稿では、このWindows 10の「バックアップ」の使い方を紹介する。

「バックアップ」を設定する

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。