連載
» 2018年10月16日 05時00分 公開

山市良のうぃんどうず日記(138):Windows 10 October 2018 Updateがやってきた? やってこない? (1/3)

Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)が2018年10月2日(米国時間)にリリースされました。10月にリリースされることは分かっていましたが、まさか月初めに予告なくくるなんて少しびっくりです。しかも、RTMビルドになった17763.1は、提供開始後数日で配信停止。本当にびっくりです。

[山市良,テクニカルライター]
「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

半期に一度のお祭りが始まった! そしてつまずいた?

 2018年10月3日の朝、いつもの定例作業としてWindows Updateを実行したら「Windows 10 バージョン1809、機能更新プログラム」がやってきました(画面1)。

画面1 画面1 筆者のノートPC(Professional)とタブレットPC(Home)には、2018年10月3日の早朝、Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラムが早速検出され、午前中にはアップグレード完了。筆者の環境はファイル消失問題の影響を受けなかった

 2018年春にリリースされたWindows 10 バージョン1803は「April 2018 Update」という名前を持ちながら、時差の関係で日本では5月1日に提供開始となりました。「October 2018 Update」という名前になったWindows 10 バージョン1809がいつになるのか、結局のところ提供開始となったその日に判明したわけです。

 Windows 10 バージョン1809は、2018年10月2日(米国時間)にリリースされ、Windows Updateでの配布が開始されました。Windows Server Update Services(WSUS)へのWindows 10 バージョン1809の機能更新プログラムの提供も同時です。そして、Windows Server 2019やWindows Server, version 1809(およびこれらのコンテナイメージ)、Windows 10 Enterprise LTSC 2019なども同時にリリースされました。

 しかしその後、“ユーザーファイルの消失問題”(全てのユーザーではありません)が発覚し、これら新バージョン全ての提供が一時中断しました。それが公表されたのは10月6日のことです。詳しい経緯および再開のめどを含めた最新情報は、Microsoftのサポート情報とそのリンク先のブログで確認してください。

 Windows Updateによる新バージョンの配布開始と同時に、以下のサイトからの手動アップデート(事実上のアップグレード)とメディア作成ツールも新バージョンに差し替えられましたが、現在はWindows 10 April 2018 Update(バージョン1803)に戻されています。

 Windows Updateによる配布は、修正版で再リリースされたら、またいつものように段階的に配布範囲が広げられるはずです(AIが関与しているそうですがよく知りません)。また、アプリ(特にマルウェア対策ソフト)の互換性の問題で、意図的に配布対象から外されているということもあるかもしれません。Windows Updateで検出されないからといって、悩む必要も、急ぐ必要もありません。

 “ユーザーファイルの消失問題”だけでなく、リリース直後はどのような既知の不具合が含まれているのか分かりません。なかなかWindows Updateにやってこないという場合でも、焦らずにしばらく様子を見た方がよいと思います(上記のWindows 10 update historyページや個別の累積更新プログラムの修正内容、既知の問題などを確認するなどして)。

 筆者のメインの環境は、仕事に影響しないように「Windows Update for Business」ポリシーで延期設定しているので、再開されたとしても、もうしばらく様子を見てからアップデート(事実上のアップグレード)するつもりです。

 半期に一度、繰り返されるこのお祭り騒ぎですが、本連載でもそのたびに取り上げてきました。同じような記事を繰り返してもしょうがないので、今回は別の視点で取り上げます。ちなみに、本連載126回と128回で取り上げた、アップグレードの道が絶たれた古いUMPC(ウルトラモバイルPC)は、もう長いこと電源を入れていませんし、今回はチャレンジするつもりもありません。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。