連載
» 2018年10月18日 05時00分 公開

U&Iターンの理想と現実(51):徳島編:東京でそこそこだったエンジニアが、地元で輝きを取り戻した日 (3/3)

[坂東勇気(GTラボ),@IT]
前のページへ 1|2|3       

スタートアップがちょうどいいかもしれない

 徳島でITといえば、神山町が有名です。

 移住者がどんどん集まり、過疎集落を人口増に転換させたという「神山モデル」の発祥地です。サテライトオフィス誘致にも成功しており、名刺アプリの「sansan」、映像系の「プラットイーズ」など先端企業がオフィスを構えています。

 起業支援にも積極的で、コンサルタントや、ノウハウを教える仕組みがあります。

 徳島新聞主催のビジコン「とくしま創世アワード」は、審査員や関係者にサイバーエージェントやテックビューロ関係者など、県出身の起業家や投資家たちがいます。

 地方はゲームやエンタメなどで起業するのには向いていません。でも、シェアリングエコノミーなど「課題解決系」のサービスであれば、素材は山ほどあります。アイデアとやる気がウケれば、事業計画や資金調達のアドバイスをしてくれたり、いろいろな人とつないでくれたりします。電脳交通もここで育ててもらいました。

徳島に帰っておいでよ

 数ある地方の中で、徳島が特別優れているとは思いません。

 徳島は、東京に比べると仕事環境は良くなく、努力は必要です。しかし、生活の心配が消えて、慣れ親しんだ環境で過ごせたら、「やっていける」という前向きな気分に戻れると思います。

 徳島の企業に転職するのもアリですし、僕のように起業するのもアリです。今の仕事を続けたくて、会社にとってもあなたが重要なら、サテライトオフィス進出やテレワークを会社に掛け合うのもいいと思います。徳島は他地域よりも、そこは得意な分野です。

 徳島出身で、今いるところで子育てや生活に悩んでいるエンジニアは、Uターンを検討してもいいんじゃないかな。

 徳島に帰っておいでよ。

徳島に帰っておいでよ

@IT式 U&Iターンスタイル

全国各地のU&Iターンエンジニアたちが、地方での生活の実情や所感などをセキララに伝えます。Uターン、Iターン、Jターンに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

ご当地ITライター募集

現在、または元ITエンジニアかIT企業社員、かつ現在住んでいる地域へUターン/Iターン/Jターンし、記事執筆に興味のある方は、下記まで連絡ください。


坂東勇気

フルスタック系でゼロイチ開発が得意なエンジニア、39歳

GTラボ代表取締役

電脳交通 最高技術責任者

SESSION 最高技術責任者

テクノモバイル エンジニア

1978年 徳島県阿波市生まれ

1999年 阿南工業高等専門学校を卒業

200X年 東京のIT企業を転々とする

2010年 徳島にUターン 「テクノモバイル」入社

2013年〜 「GTラボ」設立 代表取締役社長

2015年〜 「電脳交通」など複数社のCTO


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。