連載
» 2018年10月29日 05時00分 公開

Tech TIPS:Windows 10の電源オプションに「高パフォーマンス」「究極のパフォーマンス」を追加する

Windows 10の電源オプションは、デフォルトで「バランス」が選択されている。性能と消費電力を両立させる電源プランなのだが、場合によっては性能を重視したいこともあるだろう。そのような場合、「高パフォーマンス」に設定するとよい。ただ、電源プランに「高パフォーマンス」が表示されないケースもある。そのような場合の対処方法を紹介する。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10


 高い性能のPCに買い替えたのに、意外と速くないと感じたことはないだろうか。その原因は、Windows 10の電源プランかもしれない。

 Windows OSでは、消費電力と性能のバランスをとるように、事前に幾つかの電源プランが用意されている。Windows 10では、多くの場合、「バランス」と呼ばれる電源プランがデフォルトで設定されている。この「バランス」では、そこそこの性能を維持しながら、消費電力を少なく抑えるというものだ。そのため、PCの能力を100%発揮する設定にはなっていない。

 多少消費電力が増えてしまっても、性能を上げたいのであれば、電源プランを「高パフォーマンス」に変更すればよい。

 それには、[コントロールパネル]−[電源オプション]画面を開き、「電源プランの選択またはカスタマイズ」の「高パフォーマンス」を選択すればよい(コントロールパネルを素早く開く方法は、Tech TIPS「Windows 10で素早くコントロールパネルを開く方法」参照のこと)。

[電源オプション]画面 [電源オプション]画面
[コントロールパネル]−[電源オプション]画面を開き、「電源プランの選択またはカスタマイズ」に「高パフォーマンス」がある場合は、これを選択すればよい。

 ただし、一部のPCでは「高パフォーマンス」が電源プランに表示されていない。このような場合、コマンドプロンプトもしくはPowerShellを管理者権限で起動し、以下のコマンドを実行すればよい(コマンドプロンプトを管理者権限で素早く開く方法は、TIPS「Windows 10でコマンドプロンプトを素早く起動する方法」を参照してほしい)。

powercfg -setactive 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c

「高パフォーマンス」を表示するためのコマンド

「高パフォーマンス」を表示する(1) 「高パフォーマンス」を表示する(1)
[電源オプション]画面に「高パフォーマンス」が見当たらない場合は、Powercfgコマンドを使って、表示させることが可能だ。
「高パフォーマンス」を表示する(2) 「高パフォーマンス」を表示する(2)
管理者権限でコマンドプロンプトを開き、上記のコマンドを実行する。
「高パフォーマンス」を表示する(3) 「高パフォーマンス」を表示する(3)
[電源オプション]画面に「高パフォーマンス」が表示され、選択可能になる。

 [コントロールパネル]−[電源オプション]を開き直すと、「追加プランの非表示」の下に、「高パフォーマンス」が表示されるはずだ。

「究極のパフォーマンス」を有効にする

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。