連載
» 2020年02月12日 05時00分 公開

Google Chrome完全ガイド:Google Chrome内の不正なプログラムを検索して削除する

Windows OS版Google Chromeには、ウイルスやマルウェアなどの不正なプログラムを検索して削除する機能が標準で備わっています。その使い方や位置付けを説明します。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

連載目次

Google Chromeに何か良からぬことが起こっている…… でも対策は? Google Chromeに何か良からぬことが起こっている……。 でも、その対策は?

 Windows PCで「Google Chrome」(以下、Chromeと略)を使っていて、以下のような症状を感じたことはありませんか?

  • 何も操作していないのに突然、新しいタブやページが開いて広告が表示される
  • 多くのWebページの広告枠に、特定の広告がしつこく繰り返し表示される
  • 削除したはずの拡張機能がいつの間にか復活している
  • Chromeの起動時に表示される初期ページが、いつの間にか意図しないページに差し代わっている

 これはウイルスやマルウェアといった、いわゆる「不正なプログラム(ソフトウェア)」がいつの間にかシステムに侵入し、活動している可能性があります。

 そのような場合、Windows OS版Chromeなら、不正なプログラムを探して削除してくれる「パソコンのクリーンアップ」という機能が解決してくれるかもしれません。これはChromeさえ起動していれば、すぐに実行できます。またChrome自体と同じく、料金はかかりません。使い方も簡単です。本稿ではWindows OS環境を対象として、その手順を説明します。

不正なプログラムがChromeに潜んでいないか検索してみる

 Chromeでマルウェアなどの不正なプログラム(ソフトウェア)を探すには、まずChromeの画面右上隅のメニューボタンをクリックして、開いたメニューの[設定]をクリックします。設定ページが表示されたら、左ペインで[詳細設定]−「リセットとクリーンアップ」をクリックし、右ペインに表示された[パソコンのクリーンアップ]をクリックします。あるいはアドレスバー(オムニボックス)に「chrome://settings/cleanup」と入力、実行しても構いません。

 「パソコンのクリーンアップ」ページが表示されたら、[有害なソフトウェアの検出]の[検索]ボタンをクリックします。クリーンアップ(有害なソフトウェアの検索)が終了するまでしばらく時間がかかるので、そのまま待ちます。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。