連載
» 2018年11月05日 05時00分 公開

Tech TIPS:Windows 10でWindows Updateに失敗する場合の対処方法

Windows Updateでエラーが生じて、更新プログラムが適用されなくなることがある。このような状態を放置しておくと、脆弱性が残ったままとなってしまう。そこで、Windows 10でWindows Updateがエラーを起こした場合の対処方法を解説しよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10


 Windows OSでは、「更新プログラム(アップデート)」という形で脆弱(ぜいじゃく)性の解消や不具合の修正、機能の追加などが行われる。通常、毎月第2火曜日(米国時間、日本では水曜日)に、Windows Updateによる更新プログラムの配信が行われる。

 Windows 10 Homeでは、自動的に更新プログラムのダウンロードと適用が行われる。一方、Windows 10 Pro/Enterpriseでは設定によって適用日などが変更できる(詳細は、Windows 10 The Latest「Windows 10の更新プログラム適用で地雷を踏まないためのWindows Update運用法」参照のこと)。

 Windows 10では、いずれのバージョンにおいても、Windows Updateによってほぼ自動で更新プログラムの適用が行われるため、ユーザーが更新プログラムの適用状況をあまり意識しなくてもよくなっている。

 しかし、何らかの理由によってWindows Updateにエラーが生じ、更新プログラムの適用が行われない状態になっていることがある。

Windows Updateのエラー Windows Updateのエラー
Windows Updateがエラーを起こして、更新プログラムの適用に失敗している。この状態を放置すると、更新プログラムの適用が行われない。

 [Windowsの設定]画面で[更新とセキュリティ]をクリックすると、[更新とセキュリティ]画面が開くので、左ペインで「Windows Update」を選択、右ペインの「Windows Update」の下にエラーが表示されているような状態だ。

 通常、この画面の[更新プログラムのチェック]ボタンをクリックすれば、更新プログラムの検出(確認)や適用が行えるのだが、それが正常に動作しないことがある(Windows Updateを使って手動で更新プログラムを適用する方法は、Tech TIPS「Windows 10でWindows Updateを手動で実行する」参照のこと)。こうした状態のまま放置すると、Windows 10には既知の脆弱性が残ったままとなり、危険性が高まることになる。

 そこで、Windows Updateでエラーが生じて更新プログラムが適用できなくなった際の対処方法を解説する。

一度、再起動を行ってみる

 「Windows Update」画面でエラーが表示され、[更新プログラムのチェック]ボタンをクリックしても、更新プログラムの検出や適用が行われない場合、前回適用した更新プログラムによるファイルの置き換えなどに失敗している可能性がある。このような場合、一度再起動を実行し、再度、[更新プログラムのチェック]ボタンをクリックしてみるとよい。

 再起動によって、システムファイルの不整合が解消され、更新プログラムの検出・適用が可能になることがある。

Windows Updateトラブルシューティングを実行する

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。