特集
» 2018年12月05日 05時00分 公開

テラbps級のトラフィックに挑んだ「72時間ホンネテレビ」の裏側:総視聴数7400万でも障害ゼロ、AbemaTVが72時間のライブ配信に成功した理由 (3/3)

[石川俊明,@IT]
前のページへ 1|2|3       

72.5時間の配信<シフト勤務>が始まった――番組制作部門も仕掛けた負荷対策

 2017年11月2日、72時間ホンネテレビ放送開始30分前から、「戦いが始まっていた」と柿島氏は話す。戦いは「技術面以外にも」及んだ。

 番組表に沿ったリニア型配信の場合、前述のように「アプリの起動時」と「CMの開始時」という“特定のタイミング”でリクエストが増大すると分かっていた。そこで番組開始に伴うアプリの起動によるサーバダウンを防ぐため、番組制作部門に『配信開始直後の負荷を下げる方法』を相談。その結果、「超直前 カウントダウン放送」を行うことになったという。

 「配信開始までの残り時間を表示するシンプルな仕組みだが、30分間カウントダウンする間に50万を超える視聴数を集めることができた。これにより、配信開始直後の負荷を分散させることができた」

「超直前 カウントダウン放送」のイメージ 「超直前 カウントダウン放送」のイメージ

 「リクエストを減らすためCDNを強化した効果も明らかだった」と柿島氏は述べる。

 「番組開始直後、99.8%のリクエストをCDNサーバのキャッシュで返すことができた。『亀田興毅に勝ったら1000万円』の時と比較して、GCPに対する1接続当たりの秒間リクエスト数は10分の1まで減らすことができ、障害なく配信を実現できた」

本編開始直後のオフロード率各機能のリクエスト数の推移 AbemaTVを構築したGCPへの秒間リクエスト数を減らすことができた(左、右)

 もし、番組配信中に障害が発生したらどうしていたのか。柿島氏は「Bプランを用意していた」と述べる。

 「72時間の配信はシフト勤務で監視するため、誰が監視しても即座に意思決定できなければならない。そこで、対応すべき障害の優先順位を策定するとともに、障害レベルに応じた対応方法を標準化した。より具体的には、誰でも状況に応じて正しく対応法を判断するとともに、『メンテナンス画面への移行』『帯域不足に対する解像度の制限』『既に視聴していたユーザーを守るための起動制限』などを実施できる環境を整備した」

監視する人が誰であっても素早く判断できる状態だった 監視する人が誰であっても素早く判断できる状態だった

 柿島氏は後日談と今後のAbemaTVの取り組みについて述べて講演を締めくくった。

 「72時間ホンネテレビでサーバダウンがなかったことは、ニュースなどでも取り上げられ感慨深かった。その後の年末特別配信番組も問題なく放映できた他、今回採った負荷分散対策によってGCPのコスト削減にもつながった。プロジェクトの成功は、重要なもの以外を割り切る『選択と集中』、業務部門との連携あってのものだと考える。2018年10月現在、AbemaTVはCDNへのトラフィックだけでTbpsの世界へ突入しており、クラウドやCDN側にある物理機器、ネットワークの制約も考えていく必要がある。今後もより多くのユーザーに番組を届けるため、試行錯誤を続けていきたい」

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。