ニュース
» 2018年12月11日 08時00分 公開

オープンソースを基盤に:Microsoft、「Microsoft Edge」を「Chromium」ベースに――互換性を高め、Web開発者のテストを軽減

Microsoftは、PC向けの「Microsoft Edge」ブラウザの開発にオープンソースプロジェクト「Chromium」を採用する。

[@IT]
Microsoft Edge(出典:Microsoft)

 Microsoftは2018年12月6日(米国時間)、PC向けの「Microsoft Edge」(以下、Edge)ブラウザの開発にオープンソースプロジェクト「Chromium」を採用すると発表した。

 Microsoftは今後1年程度をかけて、以下の3つの方向でMicrosoft Edgeの内部技術を変更していく。

  1. PC向けのEdge WebプラットフォームをChromium互換にする。これにより、このプラットフォームをWeb標準と整合させ、他のChromiumベースブラウザと整合させることで、全ての人にとって互換性を高めるとともに、Web開発者のテスト作業を容易にする計画だ
  2. サポートされている全てのバージョンのWindows向けに、Edgeをより頻繁なペースで提供、更新する。さらにMicrosoftは、EdgeをmacOSのような他のプラットフォーム向けに提供することも予定している
  3. Webプラットフォームの改良を通じてオープンソースのChromiumプロジェクトに貢献し、Chromiumベースブラウザの機能強化につなげる

 これまでもEdgeにはオープンソース技術が取り入れられている。Edgeのスマホアプリ版はもともとオープンソースベースであり、PC向けEdgeのさまざまな機能にはANGLE(Almost Native Graphics Layer Engine)、Web Audio API、Brotliなどのオープンソース技術が使用されている。さらに、新しいARMベースWindowsでのブラウジングをサポートするために、MicrosoftはChromiumプロジェクトに貢献し始めた。

 Microsoftがこうしたオープンソースの取り組みを通じて最終的に目指しているのは、全てのオーディエンスのために、Webエクスペリエンスをより良いものにすることだ。「こうした取り組みにより、Edge(や潜在的には他のブラウザ)を使用するユーザーは、あらゆるタイプのWindows 10デバイスで、全てのWebサイトでの互換性の向上を享受するとともに、バッテリー持続時間とハードウェア統合の恩恵を受けるだろう」と、Microsoftは述べている。

 「Web開発者にとっては、WebサイトをテストするターゲットとなるWebプラットフォームの断片化が軽減される。これはWebサイトのユーザーにとっては、問題の減少と満足度の向上につながる。また、われわれは今後も、EdgeがIEオンリーのレガシーWebサイトを、理解できるようにしていく。これにより企業のIT部門は、Windowsに付属するブラウザで新旧のWebアプリの互換性向上を享受できる」(Microsoft)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。