ニュース
» 2018年12月11日 08時00分 公開

Googleが提供する音声認識テキスト変換APIを活用:音声認識から字幕表示まで約1秒――AbemaTV、AIによるリアルタイム字幕をニュース番組に試験導入

AbemaTVは昼のニュース番組「けやきヒルズ」で、AI(人工知能)によるリアルタイム字幕システム「AI(あい)ポン」を試験的に導入する。このシステムは、AbemaTVとテレビ朝日が共同開発した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 AbemaTVは2018年12月10日、同社が運営する無料インターネットテレビ局「AbemaTV」の昼のニュース番組「けやきヒルズ」で、AI(人工知能)によるリアルタイム字幕を試験的に導入すると発表した。

 けやきヒルズは、独自中継を交えて12〜13時の1時間でその日のニュースを網羅的に放送する番組。AbemaTVによると、番組の主な視聴者は「ランチをしながらスマホでニュースをキャッチアップしたい」ユーザーで、音声をオフにして視聴している視聴者が多いという。そうした視聴者でも、出演者のトークや会見の生中継などを楽しめるように、AIを使ってリアルタイムで字幕を入れられるようにした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。