連載
» 2018年12月21日 05時00分 公開

Visual Studio Code TIPS:VS Codeのコマンドラインオプション:起動編

VS Codeをコマンドラインから起動する場合にはコマンドラインオプションを指定可能だ。その中でも基本的なものを幾つか紹介する。

[かわさきしんじ,Insider.NET編集部]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Visual Studio Code TIPS」のインデックス

連載「Visual Studio Code TIPS」

 Visual Studio Code(以下、VS Code)はコマンドラインから「code」コマンドを実行することでも起動できる。このときにはコマンドラインオプションを指定可能だ。本稿では、それらのうちの幾つかを紹介する。VS Codeの拡張機能に関連するコマンドラインオプションもあるが、それらについては別稿で説明する。

オプション 機能
-d/--diff <file1> <file2> <file1>と<file2>を比較
-a/--add <dir> 直前にアクティブとなっていたVS Codeのウィンドウに、指定したディレクトリ<dir>を追加
-g/--goto <file:line[:column]> fileを開き、lineで指定した行、columnで指定したカラムにカーソルを移動
-n/--new-window VS Codeの新しいウィンドウを表示する
-r/--reuse-window 既に開いているVS Codeウィンドウを再利用する(そのウィンドウで開いていたフォルダ/ワークスペースは閉じられる)
-w/--wait このコマンドで開かれたVS Codeのウィンドウが閉じられるまで、コマンドプロンプト/シェルに制御を返さない
--locale <locale> 指定した<locale>を表示言語としてVS Codeを起動
--user-data-dir <dir> ユーザーデータを保存するディレクトリ<dir>を指定
-v/--version VS Codeのバージョンを表示
-h/--help ヘルプを表示
VS Codeの主要なコマンドラインオプション

 以下では幾つかのコマンドラインについて、もう少し詳しく説明する。ただし、その前に簡単にcodeコマンドについてまとめておこう。

  • カレントディレクトリをVS Codeで開く:「code .」コマンドを実行
  • 指定したファイルをVS Codeで開く:「code <filename>」コマンドを実行
  • 以前に開いていたセッションを復元してVS Codeを起動する:「code」コマンドを実行

 なお、macOSではコマンドパレットから[シェル コマンド: PATH 内に 'code' コマンドをインストールします]コマンドを実行しておく必要がある。

[シェル コマンド: PATH 内に 'code' コマンドをインストールします]コマンド [シェル コマンド: PATH 内に 'code' コマンドをインストールします]コマンド

-d/--diff:ファイルの差分を表示

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。