ニュース
» 2018年12月21日 11時00分 公開

企業は5GをIoTとの通信や動画で利用:3分の2の企業が2020年までに「5G」を導入、Gartnerが調査

Gartnerの調査によると、66%の企業が2020年までに「5G」を導入する計画だ。課題もある。サービスプロバイダーが短期的中期的な企業のニーズに向き合わず、5G無線ブロードバンドサービスを優先する可能性が高い。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Gartnerは2018年12月18日(英国時間)、「5G」(第5世代移動通信システム)の導入希望とインフラの整備状況について動向調査の結果を発表した。

 それによると、66%の企業が2020年までに5Gを導入する計画だという。企業が5Gを導入する大きな動機は業務の効率化であり、5Gネットワークを主にIoT(Internet of Things)機器との通信や、さまざまなサービスの動画用インフラとして使うと予測した。

 ただし、ユーザー企業のニーズを通信サービスプロバイダー(CSP)が十分にくみ取れていないこと、これが5Gの普及に当たっての問題点なのだという。Gartnerのシニアリサーチディレクターを務めるシルバン・ファーブル氏は次のように語った。

 「ユーザー企業には、5Gに関する明確な需要や期待がある。だが、CSPはまだ、5Gの準備が整っていない。CSPの5Gネットワークはまだ提供されていないか、あるいは企業のニーズに十分対応できていない」

 5Gをフルに活用するには、新しいネットワークトポロジーが必要になる。ここには新しいネットワーク要素が含まれている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。