ニュース
» 2018年12月28日 12時00分 公開

DevOps実践では文化の適合も大切:DevOps実践で4割以上の企業がビジネス成果、IDCが調査

IDC Japanが企業を対象に実施したDevOpsの実践状況に関する調査結果によると、DevOpsを実践している企業の割合は28.1%。その内41.4%の企業が、DevOpsの実践によってビジネス成果が出ていると回答した。51.1%がクラウドを利用し、86.2%がコンテナ技術を使用していた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2018年12月25日、企業を対象としたDevOpsの実践状況に関する調査結果を発表した。

 それによるとDevOpsを実践している企業の割合は28.1%で、2017年調査の20.0%から8ポイント増加した。「実践する具体的な計画がある」と回答した企業の割合も16.7%あり、IDCでは、2019年はさらにDevOpsの実践率が上昇するとみている。

DevOpsの実践状況に関するユーザー調査結果(出典:IDC Japan

 調査内容を詳しく見ると、DevOpsを「IT組織全体で実践している」という企業の割合は、2017年に比べて6ポイント増加の12.6%。「一部の部門/プロジェクトで実践している」と回答した割合は15.5%だった。

 DevOpsの実践率が最も高い業種は次の通り。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。