連載
» 2019年02月24日 05時00分 公開

AI・機械学習の用語辞典:ディープニューラルネットワーク(DNN:Deep Neural Network)とは?

用語「ディープニューラルネットワーク」について説明。ニューラルネットワークをディープラーニングに対応させて、ネットワークの階層を深くしたもののことを指す。

[一色政彦,デジタルアドバンテージ]
「AI・機械学習の用語辞典」のインデックス

連載目次

用語解説

 ディープニューラルネットワーク(DNN:Deep Neural Network)とは、ニューラルネットワークディープラーニングに対応させて4層以上に層を深くしたもののことである(図1)。

図1 ディープニューラルネットワークのイメージ 図1 ディープニューラルネットワークのイメージ

 従来のニューラルネットワークでは、基本的に、1つの入力層、1つの隠れ層、1つの出力層、の3層で構成されていた。ディープラーニング登場以前は、隠れ層を2つ以上に増やして合計4層以上のネットワークにすると、精度が出なくなる問題があった。そのため、ニューラルネットワークが登場してからも長らくは、4層以上が使われることは基本的になかった。

 しかし2006年、ディープラーニングの手法が考えられてから、その問題が克服された。さらに2010年ごろから、ビッグデータがより容易に扱えるようになったことや、GPUなどのコンピュータ性能の大幅な向上が重なったことがブレークスルーとなり、今では高度なDNNを誰でも実行できる時代になっている。

 代表的なDNNに、オートエンコーダーCNNRNNなどがある。

「AI・機械学習の用語辞典」のインデックス

AI・機械学習の用語辞典

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。