連載
» 2019年03月30日 05時00分 公開

AI・機械学習の用語辞典:教師あり学習(Supervised Learning)とは?

用語「教師あり学習」について説明。正解が決まっているトレーニングデータを使って学習する方法を指す。正解は、ラベル(教師データ)として学習前に作成しておく必要がある。

[一色政彦,デジタルアドバンテージ]
「AI・機械学習の用語辞典」のインデックス

連載目次

用語解説

 教師あり学習(Supervised Learning)とは、正解が決まっているトレーニングデータを使って学習する方法のことである(図1)。

図1 教師あり学習のイメージ 図1 教師あり学習のイメージ

 教師あり学習によって、過去の正解にできるだけ近似(回帰/分類)する入出力パターンのモデルが構築できる。このため、主に、回帰問題分類問題を解決するのに使われる。

 なお、学習前に正解ラベル(教師データ)を付与したトレーニングデータを作成しておく必要がある。加えて、精度検証データテストデータを別に分けて確保しておくのが一般的である。

「AI・機械学習の用語辞典」のインデックス

AI・機械学習の用語辞典

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。