ニュース
» 2019年01月10日 11時00分 公開

10nmプロセスやハイブリッドCPUを導入:Intel、次世代のコンピューティングをけん引する多数の新技術を披露

Intelは「CES 2019」向けに、PCプラットフォームや、クラウド、ネットワーク、エッジを支える基盤、人々のエクスペリエンスを拡張する技術に関する多くの発表を行った。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Intelは、「CES 2019」の開幕を翌日に控えた2019年1月7日(米国時間)、PCや新型デバイスの他、人工知能(AI)や5G、自動運転といった成長分野にまたがるさまざまな新しい製品や技術、提携などを発表した。

 発表内容は、「PCプラットフォーム」「クラウド、ネットワーク、エッジを支える基盤」「人々のエクスペリエンスを拡張するエンジニアリング」の3種類に大別できる。それぞれの概要は次の通り。

PCプラットフォーム

  • 「Ice Lake」搭載の新モバイルPCプラットフォーム

 次世代モバイルPCプラットフォームは、10nm(ナノメートル)プロセスで量産する初のPCプロセッサ「Ice Lake」(開発コード名)を搭載する。Ice Lakeは、Intelの新しい「Sunny Cove」マイクロアーキテクチャに沿っており、AIやグラフィックスエンジンを高速化する命令セット、「Intel Gen11」グラフィックスと統合される。IntelのOEMパートナーは、Ice LakeベースのモバイルPCを2019年の年末商戦までに発売する見込みだ。

Ice Lakeを掲げるIntelシニアバイスプレジデントのGregory Bryant氏(出典:Intel
  • Project Athena

 Project Athenaは、新しいエクスペリエンスを実現し、5GやAIのような次世代技術を利用できる新タイプの先進的なノートPCの開発を促進するイノベーションプログラムと新しい業界仕様セット。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。