ニュース
» 2019年01月16日 11時00分 公開

都市部の駐車場不足を解決か?:ドライバーの“入札”で路上駐車料金を調整するアルゴリズム、テルアビブ大が開発

イスラエルのテルアビブ大学は、世界の都市で問題になっている駐車場不足に焦点を当てた研究を発表した。路上に駐車する際、ドライバーの“入札”に役立つ駐車アルゴリズムが、問題を解消する可能性があるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 世界の都市部で駐車場不足が深刻化する中、イスラエルのテルアビブ大学は、道路脇の路上駐車を効率化する手法を開発した。

 ドライバーの“入札”に役立つ「駐車アルゴリズム」である。アルゴリズムによって、路上駐車場間における混雑のばらつきを緩和し、より安価なエリアに駐車できるようになる。さらに駐車需要の高い都心部で路上駐車場を見つけやすくなる可能性があるという。

 このアルゴリズムを用いたスマートフォンアプリを使えば、路上駐車場の供給が少ない都心部で駐車が困難な一方、それ以外の地域で路上駐車場が空いているという問題を解決できるかもしれない。

 テルアビブ大学の地理・人間環境学部教授のイツァク・ベネンソン氏が主導した今回の研究「Establishing Heterogeneous Parking Prices for Uniform Parking Availability for Autonomous and Human-Driven Vehicles」は、2018年11月にIEEE Intelligent Transportation Systems Magazine(ITSM)で発表された。

需給バランスを路駐料金に反映する

 ベネンソン氏はこう説明する。「都市の路上駐車料金は現在、大都市地域では一定だ。だが、これは、特定区域ごとの固有の需給を反映していない。需給を無視した低料金が設定されていると、需要が供給を上回る地域では、路上駐車場を長時間探しても見つからないことが多い。また、需給を無視した高い料金の場合は、路上駐車場の利用率が低くなり、経済活力が損なわれる」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。