ニュース
» 2019年01月18日 11時00分 公開

機械学習などに向く:Tesla T4がGoogle Cloud Platformで利用可能に、日本のリージョンもGPUインスタンスに対応

NVIDIAの最新GPU「Tesla T4」がGoogle Cloud Platformで、パブリックβとして利用可能になった。利用料金はGPU1基当たり1時間0.29ドル。GPUに最適化したソフトウェアを実装したコンテナもNVIDIAのカタログであるNGCからダウンロードできる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NVIDIAは2019年1月16日、同社の最新GPU「Tesla T4」がGoogle Cloud Platform(GCP)で、パブリックβとして利用可能になったと発表した。

 同時に、同社のGPUが利用できるGCPのリージョンが増え、これまでの米国とヨーロッパに加えて、新たに日本、ブラジル、インド、シンガポールでも利用できるようになった。

 GCPのプリエンプティブ仮想マシンインスタンスでT4 GPUを利用する際に必要な料金は、GPU1基当たり1時間0.29ドル。オンデマンドのインスタンスでは、GPU1基当たり1時間0.95ドルからで、最大30%の継続使用割引もある。

Tesla T4の外観(出典:NVIDIA

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。