ニュース
» 2019年01月21日 10時30分 公開

パッケージとクラウドが市場をけん引:2022年度の国内ITソリューション市場は4兆7091億円に拡大、富士キメラ総研

富士キメラ総研は「業種別ITソリューション市場 2019年版」を発表した。2022年度のITソリューション市場は、2017年度比111%の4兆7091億円に拡大すると予想した。業種別では金融業と製造業の占める割合が大きい。ソリューションの提供形態別では、パッケージソフトウェアとクラウドが市場をけん引し、個別開発は縮小する見込み。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 富士キメラ総研は2019年1月15日、国内ITソリューション市場について、業種別、提供形態別の調査結果「業種別ITソリューション市場 2019年版」を発表した。

 国内ITソリューション市場全体の規模は、2017年度の4兆2360億円に対して、2022年度は4兆7091億円に拡大する見込み。業種別では金融業と製造業の占める割合が7割以上を占める。

業種別のITソリューション市場の規模(出典:富士キメラ総研

金融業と製造業で明暗分かれる

 2017年度に最も大きな割合を占めた金融業は、今後の伸びが緩やかになると見込んだ。基幹系システムや勘定系システムの導入は、既にリプレースが中心だからだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。