ニュース
» 2019年01月24日 12時00分 公開

最後のプレリリース版:Microsoft、「Azure DevOps Server 2019 RC2」をリリース

Microsoftは、「Azure DevOps」で提供される開発サービスをオンプレミスでホストできるコラボレーションソフトウェア開発ツールセットのリリース候補第2版「Azure DevOps Server 2019 RC2」を公開した。

[@IT]

 Microsoftは2019年1月22日(米国時間)、「Azure DevOps Server 2019 RC2(リリース候補第2版)」を公開したと発表した。

 Azure DevOps Server(旧称TFS:Team Foundation Server)は、オンプレミスでホストされるコラボレーションソフトウェアの開発ツールセット。開発チームがコードを共有し、作業を追跡し、ソフトウェアを出荷するためのMicrosoftのクラウドサービス「Azure DevOps」のコードベースを提供しており、セルフホストを望む顧客向けに最適化されている。

 Azure DevOps Server 2019 RC2は、Azure DevOps Server 2019の正式リリース前に提供される最後のプレリリース版となる予定。Azure DevOps Server 2019 RC1やTFSの従来バージョンからアップグレードできる。

 Azure DevOps Server 2019 RC2では、RC1になかった幾つかの新機能を追加した。概要は次の通り。

GitHub EnterpriseコミットとプルリクエストをAzure Boardsの作業項目とリンク

 チームはGitHub EnterpriseのリポジトリとAzure Boardsを統合できる。GitHubとAzure Boardsを接続し、バックログやボード、スプリント計画ツール、各種の作業項目タイプといったAzure Boardsの機能を全て利用しながら、GitHubの開発者ワークフローと連携するワークフローを実行できる。

GitHubとの連携(出典:Microsoft

YAMLでビルドを構成

 リポジトリにチェックインしたYAMLファイルを使って、継続的インテグレーション(CI)パイプラインを自動化できる。この「コードとしての構成」により、ビルド構成のバージョン管理や追跡管理が可能だ。

ドラフトプルリクエスト

 プルリクエストが、準備が整う前に完了しないようにするとともに、中間成果物を作成しやすくするために、ドラフトプルリクエストをサポートした。

ドラフトプルリクエスト(出典:Microsoft

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。