ニュース
» 2019年01月28日 12時00分 公開

アセンブリ言語は残る:IPA、基本情報技術者試験にPythonを追加/COBOLを廃止

IPAは、国家試験「基本情報技術者試験」の内容を見直した結果、COBOLを廃止し、Pythonを追加する。線形代数や「確率・統計」など、数学に関する出題比率を上げる。AI人材育成のニーズなどを踏まえた。

[@IT]

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は2019年1月24日、「基本情報技術者試験」で、COBOLを廃止し、Pythonを追加すると発表した。AI(人工知能)人材育成のニーズなどを踏まえて出題の見直しも実施するとしており、プログラミング能力や理数能力などに関する出題を強化する。

 基本情報技術者試験は、ITに関する基本的な知識や技能を評価する国家試験。各150分間の午前試験と午後試験からなり、毎年春と秋に、合計2回実施してきた。これまでの応募者総数は約882万人、合格者総数は約106万人で、応募者数の約7割が社会人である。

試験要綱 Ver.4.2の一部(出典:IPA

 同試験で見直される内容は次の通り。

 まず午後試験で出題するプログラミング言語については、COBOLを2019年の秋期試験で廃止し、Pythonを2020年の春期試験から追加する。教育機関などにおいて指導言語としての利用が減少したこと、さらに同試験での受験者の選択率が極端に低下したことから、COBOLを廃止することにしたという。

 これに対してPythonは、近年、適用範囲の拡大と利用が増加しており、機械学習やディープラーニングに関わる主要なオープンソースソフトウェアで採用が広がっていることなどを踏まえて、追加を決定したとしている。

 一方、出題内容については、大きく分けて2つの変更を加えた。

試験範囲の変更内容(出典:IPA

 1つ目は、午前試験での数学に関する出題比率を見直す。理数能力を重視し、線形代数や「確率・統計」など、数学に関する出題比率を上げる。この見直しは、2019年の秋期試験から実施する。

 2つ目は、午後試験で実施する選択問題を構成する分野を統合すること。具体的には、出題数と解答数を、現行の13問出題7問解答から、11問出題5問解答に変更するとともに、プログラミング能力を重視した配点に変更する。この見直しは、2020年の春期試験から実施する。

 なおIPAでは、基本情報技術者試験で出題するPythonの言語仕様やサンプル問題などを、2019年10月に公開する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

8月8日10時30分〜16時30分の間、システムメンテナンスのため記事の一部表示や資料のダウンロードができなくなります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。