ニュース
» 2019年01月29日 13時00分 公開

一切投稿しなくても内容を予測できる:「SNS上のプライバシーは自分だけでは守れない」、バーモント大学の研究

バーモント大学とアデレード大学の研究チームによれば、ソーシャルメディアにおけるプライバシーは個人では守ることができず、周囲の人の発言に左右されてしまうことが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 米バーモント大学とオーストラリアのアデレード大学の研究チームによる最新の研究によれば、ソーシャルメディアにおいて個人のプライバシーを守ろうとしても難しいことが分かった。例えば、ある個人がTwitterに加入していなかったとしても、「友人」のオンライン投稿から、投稿した場合の傾向が分かってしまう。

 研究によれば、ある人物とつながりがある8〜9人のツイートに含まれる情報を得ることができれば、その人物が投稿するであろうツイートを、その人のTwitterフィードを直接見ているかのように正確に予測できることを示した。

 また、この研究により、ある人物がソーシャルメディアプラットフォームへの登録を解除しても(あるいは、全く登録しなくても)、その友人のオンラインの投稿や文章から、その人の将来の行動について、95%の「潜在的な予測精度」(potential predictive accuracy)が得られることが分かったという。

 この研究は2019年1月21日に「Nature Human Behavior」で発表された。

 研究チームは、2014年4月の時点で英語でツイートしていたTwitterユーザーを研究対象とした。非アクティブなアカウントや著名人のアカウント、botアカウントを取り除き、残った1万3905人から、3085万2700件以上の公開ツイートを収集し、このような結論を得た。

高度にネットワーク化された社会では「個人」は隠れることができなくなる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。