ニュース
» 2019年01月30日 12時30分 公開

2011年以来のメジャーアップデート:脆弱性テストツールの最新版「Metasploit Framework 5.0」が公開

Rapid7が中心となって開発しているオープンソースのペネトレーション(脆弱性調査)テストフレームワークの最新版「Metasploit Framework 5.0」が、公開された。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Rapid7が中心となって開発しているオープンソースの脆弱(ぜいじゃく)性テスト(ペネトレーションテスト)フレームワークの最新版「Metasploit Framework 5.0(Metasploit 5.0)」が、2019年1月10日(米国時間)に公開された。2011年の4.0公開以来のメジャーアップデートとなる。

 Metasploit 5.0には、新しいデータベースと自動化API、evasion(回避)モジュールとライブラリなど、多くの新機能が追加されており、言語サポートやパフォーマンス、使いやすさも向上している。主な特徴は次の通り。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。