ニュース
» 2019年02月01日 11時30分 公開

サプライチェーン攻撃が新たな脅威に:IPAが「情報セキュリティ10大脅威 2019」を発表、利用者をだます脅威が台頭

IPAが2019年1月30日に発表した「情報セキュリティ10大脅威 2019」には、利用者をだまして金銭や情報を詐取する脅威が多くランクインした。セキュリティ上の脅威には、必ずしもウイルスなどのマルウェアが関係しているのではないことが分かる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2019年1月30日、「情報セキュリティ10大脅威 2019」を発表した。これは、2018年に社会的影響が大きかった情報セキュリティ上の脅威について、IPAが32の候補を選出し、情報セキュリティ分野の研究者や企業の実務担当者など約120人で構成される「10大脅威選考会」の投票によってトップ10を選出したもの。個人と組織を対象にしたそれぞれの脅威を選んだ。

 ランクインした脅威の1〜3位は次の通り。

1〜3位の内容(出典:IPA)

 4〜10位は次の通り。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。