ニュース
» 2019年02月04日 11時00分 公開

メールの1%は「有害」:メールのセキュリティ対策を診断、AJSがOffice 365ユーザー向けに無償提供

AJSは、Office 365ユーザーのメールセキュリティ対策の有効性を評価する無償サービス「FireEye FireProof Eメール診断サービス for Office365」の提供を開始する。受信済みのメールを分析して、対策をすり抜けた脅威が潜んでいないかどうかを調査する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 AJSは2019年1月31日、ファイア・アイと共同で、Office 365ユーザーのメールセキュリティ対策の有効性を評価する無償サービス「FireEye FireProof Eメール診断サービス for Office365」の提供を開始すると発表した。

 同サービスは、既存のOffice 365環境についてメールの脅威対策が有効であるかどうかを評価する。受信済みのメールを分析して、対策をすり抜けた脅威が潜んでいないかどうかを調査する。

メールを使った攻撃が増加の一途をたどる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。