連載
» 2019年02月06日 05時00分 公開

Google Chrome完全ガイド:Google Chromeでブックマークからタブへ複数ページを一気に開く

よく利用する複数のWebページを1つずつブラウザの各タブへ開いていくのは面倒ではありませんか? Google Chromeなら、そうしたページをまとめてブックマークしておくだけで、一気に開けるようになります。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

連載目次

Google Chromeで複数のWebページを一気に素早く開くには?

 Webブラウザでよく利用する複数のWebページを、ブックマークなどから1つずつ新規タブで開いていくのは面倒な作業です。

 Google Chrome(以下、Chromeと略)には、あらかじめブックマークしておいた複数のページを新規ウィンドウで一気に開く機能があります。これらのページが不要になった場合、ウィンドウごと全タブを閉じればよいので面倒がありません。本稿ではWindows OS版Chromeを対象として、その手順を説明します。

ブックマークから複数のWebページを一気に開くには? ブックマークから複数のWebページを一気に開くには?

 Chromeのブックマークの基本的な操作方法については、「Webページのブックマークを作るには」を参照してください。

【準備】開きたい複数のWebページのブックマークをサブフォルダにまとめる

 同時に開きたい複数のWebページのブックマークは、まとめて1つの(ブックマーク上の)サブフォルダに格納しておきます。この作業は1回実施するだけです。

 まずはブックマークのサブフォルダを作成しましょう。それには以下のようにChromeのブックマークマネージャを使います。

複数のブックマークを格納するサブフォルダを作成する(1/3) 複数のブックマークを格納するサブフォルダを作成する(1/3)
複数のブックマークを格納するサブフォルダを作成する(2/3) 複数のブックマークを格納するサブフォルダを作成する(2/3)
複数のブックマークを格納するサブフォルダを作成する(3/3) 複数のブックマークを格納するサブフォルダを作成する(3/3)

 ブックマークマネージャを開くには、アドレスバー(オムニボックス)に「chrome://bookmarks/」と入力するか、あるいは[Ctrl]+[Shift]+[O]キーを押してもよいです。

 上記の例では、ブックマークバーのトップにサブフォルダを作成しています。他の場所にも作成できますが、あまり階層の深いところに配置すると、ページを開く際にサブフォルダを見つけるのが面倒になります。

 また作成したサブフォルダは、デフォルトでフォルダ一覧の最下部(最後部)に配置されます。これだと見つけにくいので、ドラッグ&ドロップで見やすい位置まで上げる(移動する)とよいでしょう。

ドラッグ&ドロップで、見やすい位置にブックマークを移動する ドラッグ&ドロップで、見やすい位置にブックマークを移動する

 サブフォルダの準備ができたら、まとめて開きたい各Webページのブックマークをそこへ追加していきます。

作成したサブフォルダに、開きたいページのブックマークを追加する(1/2) 作成したサブフォルダに、開きたいページのブックマークを追加する(1/2)
作成したサブフォルダに、開きたいページのブックマークを追加する(2/2) 作成したサブフォルダに、開きたいページのブックマークを追加する(2/2)

 同時に開きたい各ページの分だけ、上記の追加作業を繰り返します。

サブフォルダ内の複数のブックマークから各ページを一気に開く

 ここまでのブックマークの準備さえ完了しておけば、後は簡単です。ブックマークのサブフォルダを右クリックして表示されるメニューで、[すべて (<n> 件) を新しいウィンドウで開く]をクリックするだけです。

サブフォルダ内の複数のブックマークから各ページを一気に開く(1/2) サブフォルダ内の複数のブックマークから各ページを一気に開く(1/2)
サブフォルダ内の複数のブックマークから各ページを一気に開く(2/2) サブフォルダ内の複数のブックマークから各ページを一気に開く(2/2)

 これで上記の例のように、新規ウィンドウに複数のタブが表示され、そこにブックマークしておいた各ページが表示されます。

【注意】同時に多数のWebページを開くとコンピュータが遅くなる

 本稿の方法でたくさんのWebページを一気に開くと、ローカルコンピュータに大きな負荷が掛かり、Chromeを含むアプリの動作が急激に遅くなることがあります。Chromeも「<n> 個のタブが開きます。本当によろしいですか?」という警告ダイアログを表示することがあります。

 コンピュータの性能にも依存しますが、20ページ以上を一気に開くのは十分に注意した方がよいでしょう。

常に開いておきたいページには、ピン止めなどの方が便利

 常用しているWebページやChromeの起動時から開いておきたいページの場合は、以下の記事で説明している機能の方が便利でしょう。

 一方、常用するほど利用頻度が高くなく、時々まとめて開ければよいWebページであれば、本稿の方法が適しているでしょう。

「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

Google Chrome完全ガイド

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。