ニュース
» 2019年02月06日 11時00分 公開

80種類以上のデータソースに対応:Microsoft、「Azure Data Factory」のデータソースコネクターを拡充

Microsoftは、フルマネージドデータ統合サービス「Azure Data Factory(ADF)」に各種データストアからデータを取り込むためのコネクターを拡充した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年2月4日(米国時間)、「Microsoft Azure」で分析ワークロードを実行するためのフルマネージドデータ統合サービス「Azure Data Factory(ADF)」に各種データストアからデータを取り込むためのコネクターを拡充したと発表した。

 ADFでは、80種類以上のデータソースからシンプルなドラッグ&ドロップでデータをコピーできる。さらに柔軟な制御フローや豊富なモニタリング機能、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)機能により、SLA(サービスレベル契約)に合わせてETL/ELT(抽出、変換、ロード/抽出、ロード、変換)フローを運用管理できる。

Azure Data Factoryではさまざまなデータソースからデータをコピーできる(出典:Microsoft

 Microsoftが今回、対応可能な分析ワークロードのシナリオや可能性を広げる一連の新しいADFコネクターをリリースしたことで、例えば次のような処理が可能になった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。