ニュース
» 2019年02月07日 13時00分 公開

デプロイが容易:「Azure IoT Edge」が仮想マシン上で動作可能に

Microsoftの「Azure IoT Edge」を仮想マシン上で動作させることが可能になった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年2月5日(米国時間)、「Azure IoT Edge」を仮想マシン(VM)上で動作させることが可能になったと発表した。

 Azure IoT Edgeでは、Microsoftの各種「Azure」サービスやサードパーティーサービス、カスタムコードをクロスプラットフォームのIoTデバイス上に直接デプロイして実行する。クラウドインテリジェンスをローカルで実現するフルマネージドサービスだ。

 Azure IoT Edgeは各種のLinuxとWindows OSに加えて、「Raspberry Pi」よりも小規模なデバイスからサーバまで、幅広いハードウェアをサポートしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。