ニュース
» 2019年02月08日 12時00分 公開

60カ国を7項目で評価:日本がサイバーセキュリティの安全性ランキングで首位、英比較サイトが算出

英国の比較サイトComparitech.comが発表した世界60カ国のサイバーセキュリティ安全性ランキングで、日本が最も安全な国と評価された。2位以下はフランス、カナダ、デンマーク、米国の順だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 英国Comparitechが運営する比較サイトComparitech.comは2019年2月6日(英国時間)、世界60カ国のサイバーセキュリティについて安全性のランキングを発表した。

 それによると、最も安全な国は日本で、以下、フランス、カナダ、デンマーク、米国が続く。最も危険な上位5カ国はアルジェリア、インドネシア、ベトナム、タンザニア、ウズベキスタンだった。

サイバーセキュリティの国別安全性ランク 安全な国を青、危険な国を赤で表している(出典:英Comparitech.com

被害者や攻撃者の割合から判定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。