ニュース
» 2019年02月12日 11時40分 公開

JavaでQRコードの生成も可能:PDF出力やバーコード生成機能を新装備、Java用のExcelファイル生成コンポーネントがバージョンアップ

アドバンスソフトウェアは「ExcelCreator for Java」をバージョンアップした。新たにPDFやHTML形式のファイルの出力機能と、バーコードを生成する機能を備えた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アドバンスソフトウェアは2019年2月7日、Java用のExcelファイル生成コンポーネント「ExcelCreator for Java」をバージョンアップした。新たにPDFやHTML形式のファイルに出力する機能と、バーコードを生成する機能を備えた。JANコードやUPCコードなどの1次元バーコードだけではなく、QRコードやPDF417といった2次元バーコードの生成も可能だ。既存のユーザーは、無料でバージョンアップできる。

 ExcelCreator for Javaは、Java EEやJava SE環境向けに開発したプログラムから、Excelファイルを生成するためのコンポーネント。実行環境にExcelは不要で、Excelファイルの新規作成の他、既存のExcelファイルを読み込み、上書き保存したり別ファイルへ保存したりすることもできる。セルにデータや計算式を入力するだけではなく、セルの書式設定、画像やオートシェイプの追加などが可能。シートのコピー、行/列の挿入や削除なども行える。

PDF出力とバーコード生成の例(出典:アドバンスソフトウェア)

対応するOS、JDK、Excelのバージョン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。